最近聞かなくなった中東呼吸器症候群 (MERS:マーズ)とは

スポンサードリンク

一時期テレビを点けると、中東呼吸器症候群 (MERS:マーズ)のニュースばかりやっていましたが、最近は全く耳にする事が無くなりました。

海外旅行の自粛等も今回のお盆には、全然聞くことがなかったと思います。

実際に今の韓国の状況がよくわかりません!落ち着いたという噂ですが!

ちなみに私の嫁が行っている産婦人科には、中東呼吸器症候群 (MERS:マーズ)が流行してしていると謳ったポスターがまだ張っていました。

一応この感染症の事を忘れない為にも、どのような病気(ウイルス)かをまとめてみました。

〈中東呼吸器症候群(MERS:マーズ)とは〉

中東呼吸器症候群(MERS:Middle East Respiratory Syndrome)は、2012年に初めて確認されたウィルス性の感染症です。
原因となるウィルスはMERSコロナウィルスと呼ばれています。
2003年に流行した重症性呼吸器症候群(SARS:サーズ)の原因となった病原体もコロナウィルスの仲間ですが、SARSとMERSは異なる病気です。

〈MERSの主な発生場所〉

主として中東地域で患者が報告されています。
このほか、ヨーロッパ(イタリア、英国、オーストリア、オランダ、ギリシャ、ドイツ、フランス、トルコ)、アフリカ(アルジェリア、エジプト、チュニジア)、アジア(フィリピン、マレーシア、韓国、中国)及び北米大陸(アメリカ合衆国)からも患者の報告がありますが、これらはすべて、中東地域への渡航歴のある人もしくはその接触者であることがわかっています。
*アラブ首長国連邦、イエメン、イラン、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、ヨルダン、レバノン(2015年6月5日現在)

〈潜伏期間〉

MERS:マーズの潜伏期間は2.5~14日間だとされています。

〈主な症状〉

主な症状は、発熱、せき、息切れなどです。下痢などの消化器症状を伴う場合もあります。MERSに感染しても、症状が現れない人や、軽症の人もいますが、特に高齢の方や糖尿病、慢性疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人で重症化する傾向があります。
中東地域からMERSの確定症例としてWHO(世界保健機関)に報告された者のうち、症状が悪化して死亡する場合は、約40%とされています。

〈感染経路〉

人がどのようにしてMERSに感染するかは、まだ正確には分かっていません。2015年5月以降韓国で患者が発生していますが、多くが、韓国内の病院での院内感染によるものであると考えられています。患者から分離されたMERSコロナウィルスと同じウィルスが、中東のヒトコブラクダから分離されていることなどから、ヒトコブラクダがMERSウィルスの保有動物であるとされており、感染源の一つとして疑われています。日本国内のヒトコブラクダを調査した限りではMERSコロナウィルスを保有している個体は確認されていません。
一方、患者の中には動物との接触歴がない人でも多く含まれています。家族間や、医療機関における患者間、患者-医療従事者間など、濃厚接触間での感染も報告されています。主に、飛沫感染(咳やくしゃみなどによる)又は、接触感染による感染であると考えられています。

〈予防法と治療〉

まずは、できるだけ発生している地域に行かないこと。行かないといけない状況であれば、手洗い、うがいをしっかりと行ない、マスクを装着し自分の身をしっかりと守ること。
MERSの発生が報告されている地域においては、咳やくしゃみなどの症状がある人との接触を避け、また動物(ラクダを含む)との接触は可能な限り避けることが重要です。また、現在、MERSに対するワクチンや特異的な治療法はありません。患者の症状に応じた治療(対症療法)になります。
新たな感染症という事もあり、根本的な治療や予防が可能な薬剤は明らかになっていません。発症した場合は、呼吸が苦しくなるのに備えて酸素を投与するなど、症状が緩和するための治療が行われます。

〈今回の問題点〉

今回、韓国で急激に感染が拡大した原因は、早期に診断と隔離ができなかったことです。最初に報告された68歳の男性患者の場合、4月中旬から5月初旬にかけて中東地域を旅行した際にウィルスに感染したと思われますが、韓国に帰国した時には、まだ症状が出ていませんでした。4か所目に受診した病院の医師がMERSを疑い、詳細な検査が行われたことで感染が判明。症状が出てから、10日目のことでした。男性はすぐに隔離されたものの、それまでに接触した家族や、同じ病院に入院していた人を中心に感染が拡大してしまいました。
先述のように、MERSの症状は発熱、せき、息切れなどの他の病気でも良く観察されるものであり、特に発症して直ぐは、かぜや肺炎などとはっきりと区別するのが難しい特徴があります。誰にも気づかれないでいるうちに、ウィルスが人から人へ拡がってしまったのです。

〈施設における注意点〉

現在、都道府県等の検査機関(地方衛生研究所)でMERSのスクリーニング検査(MERSコロナウィルスの少なくとも一つの遺伝子領域の確認)を実施することが可能です。医師がMERSに感染した疑いのある患者を診察し、他の感染者または、他の病院の原因によることが明らかでなく、MERSを疑う場合は、最寄りの保健所に連絡の上、対応について相談して下さい。地方衛生研究所の検査結果が陽性の場合、国立感染症研究所において確定検査(MERSコロナウィルスの少なくとも二つの遺伝子領域の確認)を行ない、ここでも陽性になったものをMERS患者(確定例)とします。
疑似症患者の届出が出されますと、保健所等による行政対応(入院勧告、患者の搬送・移送、積極的疫学調査等)が開始されますので、ご協力をお願いします。

感染症マーズ.jpg

〈今後どうなる〉

6月3日現在、韓国では感染拡大が続いており、予断を許さない状況です。現在、日本では感染が報告されていませんが、中東地域を含めた全世界からの旅行客が日本を訪れている中で、警告を怠ることはできません。国は、今年1月21日にMERSを「二類感染症」に指定しています。これにより、もし国内でMERSの患者が発生した場合、医師による患者の届出や、患者に対する適切な医療の提供などが、法律にもとづいて行われることになっています。
私たちに出来る事は、中東地域や韓国を旅行する場合、注意点を守り、感染の予防や万が一にも感染した場合の適切な対応に努めること、また知り合いに中東を旅行した人がいれば、注意を呼び掛けることです。
繰り返しになりますが、MERSはここ数年のうちにその存在が知られた新しい感染症であり、感染力の強さや発症した場合の死亡率さえも詳しくはわかっていません。必要以上に恐れることはありませんが、万が一自分の身近で発生した場合に適切な対応がとれるよう、最低限の知識を得ておくことが求められます。

ヒトコブラクダに要注意です。

フタコブラクダは?と馬鹿げた質問をする人もいますが、近寄らない事をおすすめします。

一部、厚生労働省や新聞記事を抜粋させて頂きました。

私は、特別養護老人ホームで、介護職として働いています!

医療や介護、認知症などの知識向上に日々努めていますが、どの対応が正解かと考えると、答えは無いように思います!

記事を読んで頂いた皆さんと意見交流も行いたいと思っていますので、気軽にコメントお願いします!

下の記事は、インフルエンザに関する記事です。

考え方や様々な視点から見ると、何が正しいか、わから無くなる事がありますが、基本を理解することで大きな間違いはなくなります。ぜひ、ご覧ください。

【インフルエンザ予防対策 うがい!20分以内!】→https://krkrkreichel.com/2015/10/26/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e4%ba%88%e9%98%b2%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%ae%e3%81%86%e3%81%8c%e3%81%84%ef%bc%8120%e5%88%86%e4%bb%a5%e5%86%85%e3%81%aa%e3%82%89%e6%9c%89/

【インフルエンザ対策 適正温度 湿度とは】→https://krkrkreichel.com/2015/10/23/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%ae%e9%81%a9%e6%ad%a3%e6%b8%a9%e5%ba%a6%e3%81%a8%e6%b9%bf%e5%ba%a6%e3%81%a8%e3%81%af/

【インフルエンザの感染について知識を深め疑問を無くす】→https://krkrkreichel.com/2016/01/12/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e3%81%ae%e6%84%9f%e6%9f%93%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e7%9f%a5%e8%ad%98%e3%82%92%e6%b7%b1%e3%82%81%e7%96%91%e5%95%8f%e3%82%92/

【家族がインフルエンザ発症 予防策 特別養護老人ホーム】→https://krkrkreichel.com/2016/02/26/%e5%ae%b6%e6%97%8f%e3%81%8c%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e7%99%ba%e7%97%87%ef%bc%81%e4%ba%88%e9%98%b2%e7%ad%96%e3%81%a8%e8%80%83%e3%81%88%e6%96%b9%ef%bc%81%e7%89%b9/

【インフルエンザウイルス感染予防対策 接触感染の考え方】→https://krkrkreichel.com/2015/11/05/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b9%e6%84%9f%e6%9f%93%e4%ba%88%e9%98%b2%e5%af%be%e7%ad%96%ef%bc%81%e6%8e%a5%e8%a7%a6%e6%84%9f%e6%9f%93/

【感染症予防策 インフルエンザ対策の湿度の考え方 高齢者施設】→https://krkrkreichel.com/2016/02/14/%e6%84%9f%e6%9f%93%e7%97%87%e4%ba%88%e9%98%b2%e7%ad%96%ef%bc%81%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%ae%e6%b9%bf%e5%ba%a6%e3%81%ae%e8%80%83%e3%81%88/

他にも認知症ケアについての記事もあります。

今後、自分が介護する事もあると考え、見て頂けたらと思っています。


最後になりますが、介護職のための副業を一つ紹介させていただきます。
下記は以前紹介した「完全無料の10万円プレゼント」です。
ポイントサイトで登録など全てが無料になっていますので、ぜひ確認してください。
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/87/0


スポンサードリンク



【管理人がおススメする資格、転職サイト】

介護職は、資格の取得と働く会社で収入が大きく変わります。

その中でも人手不足の事業所は、かなり良い待遇で転職ができます。

そのため、同じ会社で10年働くより、10年で数回転職する方が給料が高い場合が多いのです。

現状に満足していない方は参考にしてください。

→【介護職でも年収500万円以上もらえる施設を探す方法】

こちらは厚生労働省の許認可にもと運営しているサイトです。

ホワイトな会社のみ掲載されているのでおススメです。

【しろくま介護ナビ】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です