阪神北圏域リハビリテーション支援センター研修会!介護職の視点

スポンサードリンク

はじめに

特別養護老人ホームで勤務する介護職がリハビリテーション研修を受講して提出したレポート内容です。

演題「もてる力を引き出し、その人らしい暮らしの実現を~生活行為の自立を目指して~」

この講義は、以下の順で進行されました。

①介護保険制度とリハビリテーション(基本)
②高齢者を中心としたリハビリテーションの現状(確認)
③自立支援のための生活行為の捉え方(知る)
④生活行為に焦点を当てたアプローチの考え方(考える)
⑤生活行為に焦点を当て職種協業で取り組んだ事例(参考)

①介護保険制度とリハビリテーション(基本)

①では、介護保険1条(目的)から、「その有する能力に応じ自立した日常生活を営む事ができる」といった基本的な事の確認や社会情勢からリハビリテーションの目標の変化があるとの説明がありました。

【リハビリテーションの目標の変化】

機能障害の改善

セルフケアの自立 在宅復帰

生活機能の向上 社会参加

その人らしい暮らしの実現 生活行為の自立

②高齢者を中心としたリハビリテーションの現状(確認)

②では、様々なアンケートの結果から、高齢者は「移動や食事、入浴や排泄等の動作ができるようになりたい」「社会的活動をできるようになりたい」等の向上心を持った希望が数多くあるが、実際のリハビリは機能訓練がメインで高齢者の希望を目指せれていない等、リハビリを受ける側と行う側のズレが大きいとの説明がありました。

私たちの介護の現場でも、実際はできる可能性があったとしても、環境や人員などを考えてしまい目標実現を諦めてしまっている事が多々あります。このような大きなズレを知り、利用者の考え、思いに目を向ける必要があると再認識しました。

③自立支援のための生活行為の捉え方(知る)

③では、まず生活行為とは、「人が生きていくうえで営まれる生活全般の行為」「個人の活動として行う、排泄、入浴、調理、買い物、趣味活動等の行為」「意志(考えや思いも含む)」と説明がありました。

その中で、「生活行為は習慣でもあるので、過去の生活歴を知る事は大事だが、それを全て求めているわけでは無い。生活行為遂行から、満足感や充実感を得て健康であると実感する事が大事」との考え方も捕捉されていました。

④生活行為に焦点を当てたアプローチの考え方(考える)

④では、インテーク(意向の確認)、想いを引き出す事が重要である。それがないと目標を立てる事ができず、何の為のリハビリかわからなくなる。

逆にそこがわかれば、後は目標を目指すだけで、ある意味簡単だと言われていました。

また、リハビリには、維持や治療ももちろん大事だが、なぜそのリハビリを行なっているのか、そのリハビリを行う事で今後その利用者がどのようになるのか、しっかり説明し納得してもらう必要がある。

利用者が、やって良かったと思えるリハビリを目指す事が重要であると説明されていました。

特養での利用者は、その重要な意向の確認が、認知症の進行により、難しいと思いました。

認知症利用者にもリハビリを行なっているが、それは利用者が求めている事なのか、満足感や充実感を得ることができるのかと考えると、そうではない可能性もあります。

認知症の利用者で意思を伝えられない場合は、私たちが勝手に求めていると仮定してリハビリを行なっているので、今後注意したいと思います。

⑤生活行為に焦点を当て職種協業で取り組んだ事例(参考)

⑤では、リハビリにより社会参加に成功した事例が紹介されました。

その中で、リハビリとは目標を立てて、それを実現する為にトータルで考える必要があると教わりました。筋力をつけるだけで排泄動作がスムーズになりますか?排泄が目標なら、動作訓練やトイレの環境整備も必要になります。在宅生活をしており、歩行不安定な高齢者の目標が電車に乗る事なら、リハビリだけでなく、駅に行くタクシーの乗り方まで教えましょうといった考え方です。

リハビリ生活.jpg


私たちの特養では、機能訓練士、ケアマネ、看護師等、他職種や家族と相談してリハビリを決定していますが、機能訓練士やケアマネより私たち介護職の方が、その利用者と関わる事が多く、生活行為についての理解があると思うので、自信を持ってリハビリ内容を提案していきたいと思います。

また、その中に当事者である利用者本人が参加できてない事がほとんどである為、改善する必要があると思いました!

今回の講義は、特養のリハビリに目を向けた内容ではありませんでしたが、基本的な考え方は同じで見方を変えれば当てはまる事が数多くありました。相手が求めている事ができていますか?満足されていますか?等、私たちの普段のケアをリハビリに置き変えた内容が多くありました。

そのよう面では、私たち介護職は普段から意識している事なので、再確認するには良い機会になりました。

デイサービス、老健、グループホームなどの施設で働いてる職員には、おススメの研修です。確実に視野が広がると思います。

私は、特別養護老人ホームで、介護職として働いています!

医療や介護、認知症などの知識向上に日々努めていますが、どの対応が正解かと考えると、答えは無いように思います!

記事を読んで頂いた皆さんと意見交流も行いたいと思っていますので、気軽にコメントお願いします!


最後になりますが、介護職のための副業を一つ紹介させていただきます。
下記は以前紹介した「完全無料の10万円プレゼント」です。
ポイントサイトで登録など全てが無料になっていますので、ぜひ確認してください。
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/87/0


スポンサードリンク



【管理人がおススメする資格、転職サイト】

介護職は、資格の取得と働く会社で収入が大きく変わります。

その中でも人手不足の事業所は、かなり良い待遇で転職ができます。

そのため、同じ会社で10年働くより、10年で数回転職する方が給料が高い場合が多いのです。

現状に満足していない方は参考にしてください。

→【介護職でも年収500万円以上もらえる施設を探す方法】

また、資格を取得する事により給料アップを狙える可能性も上がります。

この機会にどのような資格があるのかチェックしてみてください。

【ケア資格ナビ公式サイト】


Follow me!

阪神北圏域リハビリテーション支援センター研修会!介護職の視点” に対して1件のコメントがあります。

  1. 高野功一 より:

    介護職の視点からリハビリを捉えているのでとても良いと思いました。社会的不利、ハンディキャップに焦点を当てていますね。私はAKA-博田法を勉え強していますが、AKAはその様なリハビリを否定しているように誤解されていると感じています。博田節夫先生の専門領域は物理医学です。日本にリハビリテーションが導入される時期に社会的不利、ハンディキャップのみに焦点が当てられ治療医学である物理医学の重要性が無視されることに博田先生は危機感を持っていました。AKAの学術集会でも最終的な目標は社会的不利を軽減、取り除くことだと教育されます。その為に治療医学である物理医学の精度を高めることが重要である。ということを追求しているのがAKAであると言えます。リハ医、PT・OTはもっと自分たちの守備範囲をしっかり守ろうよとしているのであって、その他の社会的不利に対するリハビリを全て否定しているのではないと言う事は誤解してほしくないと思いました。itoさんのレポートはとても良かったです。

  2. カッチン.com より:

    高野さん!
    コメントありがとうございます。
    恥ずかしい事にリハビリに関しては機能訓練士に任せきりになり意識がかなり薄れていました。
    違った視点で考える事により視野が広がって良かったです。
    今後、機能訓練士か介護職に求めている事を確認したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です