インフルエンザ予防対策のうがい!20分以内なら有効!

スポンサードリンク

感染症対策

冬に近づくにつれて、世間ではノロウイルスやインフルエンザウイルスの話題が賑わいますが、皆さんどのような感染症対策を行っているでしょうか?

ここでは、インフルエンザウイルス対策のうがいについて、考えたいと思います。

今シーズン私は、消費者庁から改善命令の出ていたクレベリンは、使用しないことにしました。

成分が安定しない事や健康被害も考えてられるなど、様々な事を言われているクレベリンですが、個人的には食器棚の中に入れたり、エアコンやヒーターの吹き出し口等に置けば多少の効果はあると思います。

しかし、介護報酬改定でのボーナス減が、我が家のインフルエンザ対策で、効果が薄い物は排除という流れになりました。

手洗い、うがい、マスク

ある病院や高齢者施設では、インフルエンザが流行するシーズンには家族の面会を断ったり、来客者に対して、手洗い、うがい、マスクをお願いしている所もあります。

しかし、来客者に対してのうがいは、病院患者や利用者のインフルエンザの感染予防に対して本当に有効なのでしょうか?

私は、あまり感染症予防のメリットを感じません。

なぜなら、来客者に対してはマスクと手洗いの徹底でインフルエンザ対策は、十分だと考えるからです。

もし、来客者にうがいをしてもらうなら、どこで実行してもらう事が良いでしょうか?

もちろん、それは病院内に入る前だと思います。

ですが、病院内に入る前にうがいができる準備を病院はしていません。

そうなれば、必然的にうがいをする場所は、その患者の病室か受付あたりでする事になるでしょう。

もし、その来客者がインフルエンザウイルスに感染している場合は、どうなるのでしょうか?

水もしくは、イソジン等のうがい薬を使用することにより、インフルエンザウイルスが不活性化すると思いますが、うがいをする事によって、インフルエンザウイルスが洗面所周りに散らばると思いませんか?

うがいをする事により、インフルエンザが院内感染する確率は上がるでしょう!逆にうがいをしてもらわない方良いのでは!

なぜ、当たり前のよりに来客者にうがいを勧めるかわかりません。

例えば、毎日来る来客者に対しては、うがいをしてもらい感染予防してもらう必要があると思います。

その来客者が、インフルエンザや風邪になる事により、院内感染の確率が高くなるからです。(うがいでインフルエンザの感染予防になるとは思いませんが、口腔内の保湿ができる為、間接的には予防になる可能性はあります)

しかし、インフルエンザ流行シーズンに1回来るか来ないかの来客者にうがいを勧めるのは、理にかなっているとは思えません。

感染症対策うがい.jpg


ちなみに外国では、うがいの文化は無いと言われてます。

うがいの効果も立証されていないと言われています!(インフルエンザには効果は無いが、風邪には効果があるという実験結果からの論文も出ています)

また、病院や施設の出入り口のマットに次亜塩素酸を薄めた液体を浸けている所もあるみたいですが、どうでしょうか?

来客者は、外で咳から出た痰やくしゃみからの唾液などを踏んでいる可能性があります。

そのような事を考えると来客者や職員に靴底の消毒をしてもらうのは、一定の効果は期待されると思います。

しかし、次亜塩素酸は有機物に触れると急激に濃度が低下するので、期待通りの反応はしないと思われます。

ちなみに雑巾やタオルなどは有機物です。

また、次亜塩素酸が蒸発する事で、口や鼻から吸引してしまい健康被害も考えられます。

厚生労働省も効果があるとは断定できないので必要ないとの考え方です。

私の意見に反論がある方は、コメントよろしくお願いします。

うがいの効果

うがいの効果について、インフルエンザ予防にならないような書き方をしていますが、それはインフルエンザウイルスは、口腔内などの粘膜に付着すると20分程で体内に進入すると言われており、20分に1回のうがいを繰り返す事が現実的には、不可能と言われている事も理由の1つです。

しかし、確実にインフルエンザを発症してる人と接触したなら、その時から20分以内にうがいをする事は予防になるのではないでしょうか?

もしくは、20分以内に水分を摂取し、ウイルスを胃に落とす事も有効だと思います。特にカテキン入りのお茶は有効だと言われています。

胃酸でインフルエンザウイルスは、死ぬでしょう。

ちなみに、インフルエンザは目や鼻などの粘膜からも感染するので、そこからの感染はうがいで防げませんね。

※以前の掲載した記事の「インフルエンザ予防の適正温度・湿度」にもうがいや目の粘膜からの感染理由等について掲載していますので参考にしてください!

私は、特別養護老人ホームで、介護職として働いています!

医療や介護、認知症などの知識向上に日々努めていますが、どの対応が正解かと考えると、答えは無いように思います。

記事を読んで頂いた皆さんと意見交流も行いたいと思っていますので、気軽にコメントお願いします!

下の記事は、インフルエンザに関する記事です。

考え方や様々な視点から見ると、何が正しいか、わから無くなる事がありますが、基本を理解することで大きな間違いはなくなります。ぜひ、ご覧ください。

【インフルエンザ予防対策 うがい!20分以内!】→https://krkrkreichel.com/2015/10/26/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e4%ba%88%e9%98%b2%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%ae%e3%81%86%e3%81%8c%e3%81%84%ef%bc%8120%e5%88%86%e4%bb%a5%e5%86%85%e3%81%aa%e3%82%89%e6%9c%89/

【インフルエンザ対策 適正温度 湿度とは】→https://krkrkreichel.com/2015/10/23/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%ae%e9%81%a9%e6%ad%a3%e6%b8%a9%e5%ba%a6%e3%81%a8%e6%b9%bf%e5%ba%a6%e3%81%a8%e3%81%af/

【インフルエンザの感染について知識を深め疑問を無くす】→https://krkrkreichel.com/2016/01/12/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e3%81%ae%e6%84%9f%e6%9f%93%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e7%9f%a5%e8%ad%98%e3%82%92%e6%b7%b1%e3%82%81%e7%96%91%e5%95%8f%e3%82%92/

【家族がインフルエンザ発症 予防策 特別養護老人ホーム】→https://krkrkreichel.com/2016/02/26/%e5%ae%b6%e6%97%8f%e3%81%8c%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e7%99%ba%e7%97%87%ef%bc%81%e4%ba%88%e9%98%b2%e7%ad%96%e3%81%a8%e8%80%83%e3%81%88%e6%96%b9%ef%bc%81%e7%89%b9/

【インフルエンザウイルス感染予防対策 接触感染の考え方】→https://krkrkreichel.com/2015/11/05/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b9%e6%84%9f%e6%9f%93%e4%ba%88%e9%98%b2%e5%af%be%e7%ad%96%ef%bc%81%e6%8e%a5%e8%a7%a6%e6%84%9f%e6%9f%93/

【感染症予防策 インフルエンザ対策の湿度の考え方 高齢者施設】→https://krkrkreichel.com/2016/02/14/%e6%84%9f%e6%9f%93%e7%97%87%e4%ba%88%e9%98%b2%e7%ad%96%ef%bc%81%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%ae%e6%b9%bf%e5%ba%a6%e3%81%ae%e8%80%83%e3%81%88/


最後になりますが、介護職のための副業を一つ紹介させていただきます。
下記は以前紹介した「完全無料の10万円プレゼント」です。
ポイントサイトで登録など全てが無料になっていますので、ぜひ確認してください。
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/87/0


スポンサードリンク



【管理人がおススメする資格、転職サイト】

介護職は、資格の取得と働く会社で収入が大きく変わります。

その中でも人手不足の事業所は、かなり良い待遇で転職ができます。

そのため、同じ会社で10年働くより、10年で数回転職する方が給料が高い場合が多いのです。

現状に満足していない方は参考にしてください。

→【介護職でも年収500万円以上もらえる施設を探す方法】

また、資格を取得する事により給料アップを狙える可能性も上がります。

この機会にどのような資格があるのかチェックしてみてください。

【ケア資格ナビ公式サイト】


Follow me!

インフルエンザ予防対策のうがい!20分以内なら有効!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です