阪神北圏域リハビリテーション支援センター研修会!機能訓練士の考え方

スポンサードリンク

はじめに

特別養護老人ホームで勤務する機能訓練士がリハビリテーション研修を受け提出したレポートの内容です。

日常、私がリハビリ業務を行っている中で、いつも思うことがあります。

それは、利用者に対して機能訓練を実施するのですが、中々、その方の機能が向上してこない、また、向上したとしても、生活の動作に反映されていない等です。

この問題をどう解決していくのかが、現在の私の課題でもあります。

しかし、今回のリハビリテーション研修を受講したことで、ヒントを頂けた気がしました。

研修内容とキーワード

研修の内容は、回復期の高齢者のリハビリに焦点をあて、リハビリテーションの現状,これからのリハビリテーションのあるべき姿、高齢者の生活行為の自立、生活行為の自立に向けた、具体的な取り組み事例の紹介といった流れで進みました。

その中で、何度も出てきたキーワードが「生活行為」という言葉です。

それは、人が生きていくうえで営まれる生活全般の行為、個人としての排泄、入浴、買い物、趣味活動、思い等のことをいいます。

この生活行為を考えずに、リハビリテーションを実施することは、相手方の思いを無視してる事にもなるでしょう。

実際、病院等のリハビリ施設でも、利用者は生活行為が出来るようになりたい、もっと出来るようになるという思いから、リハビリを希望している半面、実施する側のPT等は、機能向上だけを目標に置き、勝手に限界を決めてしまっているというアンケート結果があるようです。

そこで、私は上記に記したように、ヒントを得た気がしました。

リハビリに足りていなかった生活行為

現在、私が行っている、リハビリテーション計画には、この「生活行為」への考慮が足りていないのではないかと。

ただ、漠然と機能を上げる事を考え、利用者が本当に望んでいる生活行為ができるところまでのフォローが出来ていないことに気がつきました。

一人で排泄を済ませたいと望んでおられるのなら、トイレへの移乗動作、ズボンの上げ下ろしの練習、トイレの環境整備等、トータルで考えてこそ、利用者が望む満足感、充実感を得られるリハビリテーションといえると思います。

リハビリテーション.jpg

チームで取り組むリハビリ

これは、機能訓練士である私、一人で出来るものでは無く、生活動作に密に関わっている介護職やその方の詳しい情報を持つケアマネ等、チームで取り組むべきだと 思います。

では、利用者が満足できるリハビリの計画を立てる上で、一番重要なことは、何かと。

それは、インテーク(その人の意思、意向の確認)、どうなりたいか、どう生きていきたいかを聞き出すことだとおっしゃっていました。

これは、簡単なことでは無く、聞き手の話法や印象も大切な要素であります。

特養で考えると、この作業が一番、難しいと思いますので、家族や周辺の親しい方への聞き取りも重要になるかと思います。

うまく、聞き出すことが出来れば、良い目標が立てられ、利用者もそこを目指し、充実したリハビリを行うことが出来、効果も上がると説明がありました。

今回の研修を受けて、病院であれ、介護施設であれ、利用者には意思があり、意向があり、高い目標があると思います。

講師の方は、健康であると実感できる日常が大切だとおっしゃっていましたが、それは、身体的な事だけではなく、心も充実してこその健康であると。

その為には、出来る限り、その方の目線に立ち、考え、満足できる生活を送っていただく事が重要であり、チームとして、他職種が連係し、環境を作っていかなければならないと感じました。

最後に、私、個人としての仕事については、特養という性質上、機能が低下している利用者が多いため、今後も機能向上、維持が中心にはなってくるとは思います。

ただ、今迄のように、漠然と取り組むのでは無く、生活行為を意識し、介護職に動作の指導をしたり、時には、介護職から生活動作の情報をもらいながら、出来る能力を少しでも伸ばしていけたらと考えます。

そして、今回の様な研修の考え方が、早く社会に拡がり、多くの利用者が、希望を持ちながら、リハビリに取り組める環境が整えば、うれしく思いますし、私たちが利用者側になった時にも、心強いことでしょう!


医療や介護、認知症などの知識向上に日々努めていますが、どの対応が正解かと考えると、答えは無いように思います!

記事を読んで頂いた皆さんと意見交流も行いたいと思っていますので、気軽にコメントお願いします。


最後になりますが、介護職のための副業を一つ紹介させていただきます。
下記は以前紹介した「完全無料の10万円プレゼント」です。
ポイントサイトで登録など全てが無料になっていますので、ぜひ確認してください。
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/87/0


スポンサードリンク

【当サイト人気公式広告】
こちらは厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
資格なし未経験OKの介護求人が多数掲載されています。
しかも働きながら、10万円以上する介護資格が無料で取得できる制度もあります。
最近、注目されているサイトです。
【かいご畑公式サイト】


こちらも厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
残業が少なく、有休休暇を取得しやすいホワイトな会社のみ掲載されているのでおススメです。
新聞にも紹介されており、今話題のサイトです。
【しろくま介護ナビ公式サイト】


Follow me!

阪神北圏域リハビリテーション支援センター研修会!機能訓練士の考え方” に対して1件のコメントがあります。

  1. 菅原正博 より:

    私は、ヘルケア広報の在り方を研究している者ですが、今回のレポート大参考になりました。これまで、リハビリ、介護、看護を含めたヘルスケア・コミュニケーションの在り方は、提供者から利用者、患者への一方通行的なケースが多く、利用者、患者の立場からのサービスやコミュニケーションの仕方に関する実態把握が軽視されてきたように思います。利用者の生理的な機能改善だけではなく、自己実現意欲を尊重したメンタルなサービスの在り方を研究する必要が在る、とこのレポートを拝見して痛感した次第です。口先だけの「患者ファースト」「利用者ファースト」ではなく、互いの信頼を勝ち得る双方向的なサービスの在り方を仕組化する必要が在るそうです。

  2. カッチン .com より:

    とても元気の出るコメントありがとうございます。
    まだまだ現実的には難しい問題がありますが、このような考えや気持ちだけは忘れずに理想に近づくリハビリを行なっています。
    本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です