嘔吐時の対応!臥床時、右側臥位と左側臥位どっちが正解?

スポンサードリンク

嘔吐時の対応

まずは、嘔吐時の対応です。

高齢者福祉施設では、よくある事なので再確認の意味も含めて確認して頂ければと思います。

嘔吐後は、喉の渇きを訴える事が多いですが、水分を胃の中にいれると嘔吐を誘発する可能性が高いので、暫らく様子を見て判断しましょう。

嘔吐後、2時間ほどは絶食絶飲が基本です。

2時間経った後も、時間をかけて少量ずつ水分を摂取しましょう。

看護師によっては、3時間は絶食絶飲という人もいますが、そのあたりは患者の状況に合わせた判断が必要です。

そして、嘔吐で注意しなければいけないのは、脱水です。

また、排便状況も確認し、ノロウイルス等の感染症にも留意しましょう。

嘔気が収まったら、うがいなどで口の中をスッキリさせる方法も考えて下さい。

臭いなどでも嘔吐を誘発する可能性があるだけでなく、嘔吐物が口腔内に残っている事により、誤嚥性肺炎を起こす可能性も出てきます。

側臥位

その誤嚥性肺炎や窒息防止のために側臥位にする事が重要です。

側臥位にする事が難しければ、顔だけでも横に向けてください。

状況により、吸引を行う事も検討してください。

嘔吐を誘発するため、吸引を行う必要がないと考える看護師もいるようですが、吐しゃ物での誤嚥や窒息を防止する事が優先です。

嘔吐後、側臥位にする理由は理解できると思いますが、右側臥位と左側臥位はどちらが正しいのでしょうか?

右側臥位?左側臥位?

この事に関しては賛否両論あり、答えを出すのが難しいです!

ただ、昔に習った人は、右側臥位が常識になっており、左側臥位なんてと思う人が多いと思います。

しかし、最近では状況によって、右側臥位と左側臥位を使い分ける。

もしくは、左側臥位の方が良いという考え方があるようです。

側臥位の向きの答えを出すとすれば、その人に合った向きが答えです。

胃ろう注入時には、右側臥位で十二指腸に流れやすくし、注入後に逆流しない様に左側臥位にする考え方もあるようです。

浣腸を行うときは左側臥位です。

最近注目されるようになった逆流性食道炎の場合は、左側臥位を推奨しています。

妊娠後期の妊婦は、「仰臥位低血圧症候群」になりやすく、左側臥位(左側を下にする)で寝るように勧めます。

嘔吐時の体位.jpg

消防署の解答

下記は、ある消防署の回復体位についての解答です!

特別な場合を除き、右側臥位、左側臥位どちらでも問題ありません。

しかし、薬物中毒などの場合には、体内への吸収を遅らせるために、左を下にした回復体位(胃底部を下にし、腸への流出を防ぐ)が適しています。

となっております。

結論からすると、悩めば右側臥位で対応すれば良いと思います!

当然の事ですが、側臥位にする時に麻痺側が上になるようにしてください。

そして、施設で働く介護職員は、看護師に確認してください。

施設内で考えをある程度統一する事も感染症対策、緊急時対策となります。

私は、特別養護老人ホームで働いています。

高齢者施設では、利用者の対応で悩む事が数多くあります。

記事を読んで頂いた皆さんと意見交流も行いたいと思っていますので、気軽にコメントお願いします。


最後になりますが、介護職のための副業を一つ紹介させていただきます。
下記は以前紹介した「完全無料の10万円プレゼント」です。
ポイントサイトで登録など全てが無料になっていますので、ぜひ確認してください。
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/87/0


【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎
http://www.infotop.jp/click.php?aid=322493&iid=39637

スポンサードリンク



【管理人がおススメする資格、転職サイト】

介護職は、資格の取得と働く会社で収入が大きく変わります。

その中でも人手不足の事業所は、かなり良い待遇で転職ができます。

そのため、同じ会社で10年働くより、10年で数回転職する方が給料が高い場合が多いのです。

現状に満足していない方は参考にしてください。

→【介護職でも年収500万円以上もらえる施設を探す方法】

また、資格を取得する事により給料アップを狙える可能性も上がります。

この機会にどのような資格があるのかチェックしてみてください。

【ケア資格ナビ公式サイト】


Follow me!

嘔吐時の対応!臥床時、右側臥位と左側臥位どっちが正解?” に対して1件のコメントがあります。

  1. 高野功一 より:

    このブログは介護をとても科学的に捉えていると思います。
    色々意見交換したいのですが、最近、本業の方が忙しいです。
    私は精神科病院のPTなので、職場は介護現場と同じ様な問題を
    抱えています。
    認知症については臨床経験から独自のものを持っています。
    考えがまとまったらまたコメントしたいと思います。
    今後ともよろしくお願いします。

  2. カッチン.com より:

    高野さん!
    コメントありがとうございます。
    共感していただき幸いです。
    私もまだまだ無知なので、これからも情報共有していければと思います。
    よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です