高齢者在宅介護!サービスと地域の取り組み!フォーマルについて

スポンサードリンク

はじめに

今回は、高齢者対策と地域での取り組みについてお伝えします。

まず、介護を行うには様々なサービスや方法、協力体制が必要になってきます。

介護経験の無い人が、一概に介護をする!となっても何から手を付けたらいいのか分からないのが現状なのでは無いでしょうか?

仕事をされていて、在宅でご家族様を介護されているケースに多いと言われているのが、介護者の介護疲れです。

仕事や家事そして介護となると、しないといけない事がたくさんになりますよね。

その中で、介護に専念する為に離職をされるという事もあります。

介護者の職業離れと言われております。

片手間でご家族様の介護を出来ないのは、当然のことです。

仕事を退職すると金銭面でも、大変になってきます。

さて、どのように解決していくか。

どうすれば上手に介護や仕事、家事をストレス無く行って行けばいいのか。

介護疲れとストレス軽減は重要事項です!

この2点は、高齢者虐待の要因としても上位を占めております!

介護疲れとストレス.jpg

介護疲れとストレスの軽減方法は、少なからずあると思います。

インフォーマル、フォーマルのサービスや人的要因をしっかりと活用していくと良いと思います。

介護保険制度というのを調べたり、市役所に行き質問すればたくさんの回答が獲れるはずです。

市役所に関しては、ネットでも対応している市もあるので、一度確認してください。

【インフォーマルサービスについて】

インフォーマルとは、介護保険でない法にとらわれないサービスを指します。

NPO法人が開催や提供しているものや、民間の配食サービス、近隣の住人友人、民生委員さん等、様々な周辺要因があるのです。

配食サービスも種類が増え、昔のあまりおいしくないイメージから脱却しています。

毎日頼むのではなく忙しい時や、ゆっくりしたい時に利用するという感じで行ってえば、少しは負担も軽減されるはずです。

また、他の配食サービスと比べる事も重要です。

配食サービスに限らず、現在はサービスを選ぶ時代となっております。

その為、複雑になっている部分もありますが、サービスの質の向上があります。

どんどん、より良いものを見つける事や自分に合ったものを見つける事も重要になってくるのです。

認知症のある方には、地域の見守りネットワークや話し相手のボランティア、敬老会の参加の付添いや代行サービス等もあります。

その地域の担当や顔見知りの民生委員さんとの繋がりもあるので、地域の見守りネットワークはケアマネジャーを通すと話が早いです。

もちろん、本人様でもできます。

認知症高齢者を在宅で見る事は大変で、主介護者が倒れてしまってら、意味がありません。

なのでインフォーマルなサービスをしっかりと活用するのが在宅介護の基本といえます。

また、ご高齢者を介護するには、家族のサポートも必要です。

家族会議を開き、今の現状の把握やこれからどのようにしていくかを、話し合うことも大事な要因と言えます。

【フォーマルサービスについて】

その名の通りフォーマルな。つまり法的なものをいいます。

介護保険が一番わかりやすいといえます。

在宅での介護を行うにも、国の介護についての取り組みを少しは知っておく必要があります。

最近では、ショートステイ、高齢者専用住宅、デイサービス、訪問介護等が有名ですね。

ショートステイは、在宅介護の主介護者さんのレスパイトケア(介護疲れの軽減)の目的も兼ねています。

毎日、在宅で見るのではなくて、たまには自分の時間を持つのも必要です。

その中で、介護者の負担の軽減で数日間の施設での外泊をするサービスになっています。

もちろん介護もついています、食事や入浴という基本的な事は全て施設でしてくれます。

この辺は、担当のケアマネジャーがしっかりと説明してくれます。

入所に関しても、施設だけではなく、自由に出入りできる高齢者の専用住宅も最近では出てきています。

家にいてるように暮らすといったコンセプトの元、居住空間も作られていますので、とても住みやすいと思います。

職員も介護を行うプロフェッショナルが常駐していますので、万が一の時でも安心して住むことができます。

場所によっては門限があるそうですが、21時とか22時とか比較的自由と受け取れる門限となっているので問題ないかと思われます。

まとめとしまして、在宅での介護においては周辺の要因をしっかりと活用する。

不安な事は確認し、出来ない事は出来ないとしっかり伝える事が大事です。

施設もいろいろあるので見学に行かれるのもいいでしょう。

例えば、デイサービスでも様々な特色を持ったところも増えています。

リハビリに力を入れている、食事に力を入れている、外出に力を入れている等です。

どうしても介助者目線になりがちですが、その人に合った内容を選ぶことが重要です。

記事を読んで頂いた皆さんと意見交流も行いたいと思っていますので、気軽にコメントお願いします。

最後になりますが、介護職のための副業を一つ紹介させていただきます。
下記は以前紹介した「完全無料の10万円プレゼント」です。
ポイントサイトで登録など全てが無料になっていますので、ぜひ確認してください。
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/87/0

スポンサードリンク



【管理人がおススメする資格、転職サイト】

介護職は、資格の取得と働く会社で収入が大きく変わります。

その中でも人手不足の事業所は、かなり良い待遇で転職ができます。

そのため、同じ会社で10年働くより、10年で数回転職する方が給料が高い場合が多いのです。

現状に満足していない方は参考にしてください。

→【介護職でも年収500万円以上もらえる施設を探す方法】

また、資格を取得する事により給料アップを狙える可能性も上がります。

この機会にどのような資格があるのかチェックしてみてください。

【ケア資格ナビ公式サイト】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です