認知症の原因と病状の理解!パーキンソン病を知る!

スポンサードリンク

高齢者社会が日本で叫ばれている中で、核家族も2世帯から3世帯、両親あるいは祖父祖母を介護する世帯が増えてきた様に思えます。

そこで、今回は認知症の原因と病状について、パーキンソン病を中心に解説します!

まずは、物忘れや被害妄想などが出てくると、初期の段階で最も疑われるのが、認知症の原因の一つといわれているアルツハイマー病です。

アルツハイマー病発症の原因は、幾つか学会でも上げられていますが、未だにこれといった原因は明らかにされていません。

被害妄想などは、介護する上で最も大きく圧し掛かってくる弊害では無いでしょうか。

※認知症の症状で重要な基礎知識として周辺症状や行動心理症状(BPSD)がありますが、他ページで詳しく説明しておりますので確認してください!

認知症が重症化してしまうと家族の認識が判別しずらくなり、症状が良くなる事が少なく、寝たきりになる場合が殆どなので、介護する側の精神面のケアが大切になってきます。

そういった場合、施設等と違い在宅で介護を希望する方には、お近くの訪問ケア・サービスに相談するのも良いのではないかと思っています。

家族や周囲の支えがあってこそ、今の介護に置ける問題点の改善策の1歩になり、最終的に介護する側、介護される側が豊かに生活する流れに変わって行くのではないでしょうか。

また、別の認知症として余り知られていない症状として、大脳の側頭葉の萎縮するピック病や神経細胞内にレビー小体という物質が現れ減少する、びまん性レビー小体病、筋萎縮性則索硬化症と呼ばれ運動神経の消失してしまうALS症状を伴う認知症等もあります。

そんな中で、テレビメディアで知られた認知症にパーキンソン病があります。

パーキンソン病.jpg


パーキンソン病は、神経伝達の物質を補うドーパミンが減少する事が原因で起きやすくなる病気と考えられています。

パーキンソン病の主な病状として、運動機能低下で起きる手足の震えや筋肉の強張り、委縮、表情筋の硬直が代表的な例に上げられています。

症状に対する進行は緩やかですが非運動症状が現れる為、手足の振るえや屋外、室内における歩行が困難になります。

また、非運動症状による「便秘、多汗、排尿・排便障害」によって引き起こされる「自律神経障害」、一般的に鬱、躁鬱症状があります。

パーキンソン病は、合併症状で発症される確率が高い病と近年における研究で判明しつつあります。

治療方法としては、一般的に生活環境の設置や運動療法に音楽療法等と分野が分かれてますが、患者さんに添う形、患者さんにあった形で治療を行うのが効果的かと思われます。

その為にも、介護者がこれらの病状の進行状況や具体的な知識を備えた上で、患者さんに対する心のケアや家族のサポートが求められるので、心構えが必要不可欠になります。

高齢者介護で必要な知識として、低血糖症にも少し触れておきたいと思います!

一般論として食生活が豊かになりすぎて、欧米諸国の食文化に触れる機会も多くなり、よく言われる血糖値の低下や、逆の上昇による高血圧や低血圧を起こしやすい環境にもなってきてるとも言えます。

それによって引き起こされるのが、脱力感や目眩等がみられる「低血糖症」です。

発症の原因は、先に上げられてる例が殆どですが、稀に合併症による症例の患者さんもいます。

そんな中で外因性の原因として多いのは、一般的に知られている糖尿病による治療薬の副作用で起きる反応性低血糖と呼ばれるモノです。

その治療法としては「膵臓β細胞の腫瘍性増殖」や「平滑筋肉種等の腫瘍によるインスリンによる自己免疫症候群」が上げられています。

これらに上げてる病を少しでも改善していくには、まずは生活習慣における食事制限のコントロールが大事になってくるのでは無いかと思っています。

如いてはβカロチンによる血糖値の正常化が最も大事で必要不可欠だと考えられています。

医薬品としては上記に上げてる症状に対し「ブトウ糖の静脈注射・グルカゴンの筋肉注射」とは別にαグルコシダーゼ阻害薬の投与が効果的だと言われておりますので、これらの中で自分に合った治療法を探して病と付き合っていくのも1つの手かと考えております。

最後になりますが、認知症の知識を得る事やケアの向上を求める事は、もちろん重要であり進めるべきことですが、在宅介護で一番重要になるのは身近に接している方に病状を理解してもらい、協力してもらう事です。

1人で対応するには限界があり、介助者が潰れてしまう事が一番問題になるのです!

発展途上国などの海外に目を向けてもらえれば、家族みんなで両親や祖母、祖父の介護をしている光景を見かけます!

もちろん、日本のように90歳や100歳まで生きる事は、ほとんどありませんが、知識やお金もない中で家族の協力だけで、成り立っている事がほとんどです!

また、介護する側、される側がともに病気を受け入れる事も重要です!

ほとんどの場合は、受け入れる事に時間がかかり、次のステップに進むことが遅くなりがちです!

現在、疑問や悩み事などある方は、コメント頂ければ対応させて頂きます。

一緒に問題解決しましょう!


最後になりますが、介護職のための副業を一つ紹介させていただきます。
下記は以前紹介した「完全無料の10万円プレゼント」です。
ポイントサイトで登録など全てが無料になっていますので、ぜひ確認してください。
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/87/0


スポンサードリンク





【管理人がおススメする資格、転職サイト】

介護職は、資格の取得と働く会社で収入が大きく変わります。

その中でも人手不足の事業所は、かなり良い待遇で転職ができます。

そのため、同じ会社で10年働くより、10年で数回転職する方が給料が高い場合が多いのです。

現状に満足していない方は参考にしてください。

→【介護職でも年収500万円以上もらえる施設を探す方法】

また、資格を取得する事により給料アップを狙える可能性も上がります。

この機会にどのような資格があるのかチェックしてみてください。

【ケア資格ナビ公式サイト】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です