認知症外部研修(講習会)「認知症は治らない」「治さなくてよい認知症」

スポンサードリンク

認知症についての外部研修(講習会)

私は、特別養護老人ホームの介護職です。

今回は、認知症についての外部研修(講習会)に参加したので、その内容を一部紹介したいと思います。

講師は、医師で日本医科大学精神神経科助教の上田諭氏です。

今回は、「認知症は治らない。でも、私たちにできることがある。」「薬よりも生活の張り合いを!」というテーマで講義は進められました。

徘徊による鉄道事故

まず、認知症に罹患した高齢者が起こした鉄道事故について話がありました。

裁判にもなり、ニュースでも大きく取り上げられた事故です。

これは認知症で「徘徊」中の男性が列車にはねられて死亡した事故です。

鉄道会社が監督義務者である家族に損害賠償を求めた裁判の判決が今年3月に最高裁であり、家族に賠償を命じた高裁判決を破棄した。といった内容になります。

その中で、「徘徊は防ぎきれないという前提に立って、個人や家族任せではなく、地域で広く支える仕組みが必要だ。」との朝日新聞の社説を例に挙げ、メディアの偏見で認知症のイメージが作られている事や、認知症という症状だけで決めつけられており、本人を見ていないという話しがありました。

実際、ニュースなどを見ても本人の気持ちや行動の意味について触れることは、ほとんどありませんでした。

確かに認知症の人と普段関わりのない人が、ニュースの情報だけ聞くと、本人がどのような人とは考えず、「認知症の人」といったイメージになると思いました。

私も入浴拒否のある利用者には、「入浴拒否のある人」といったカテゴリーに入れてしまい、拒否する背景を調べず、「入浴拒否のある人」の対応をしてしまっている場合が多いで、注意しなければいけないと思います。

徘徊とは、一般的に「どこともなく意味もなく外出したくなり、歩きまわる。あるいはしばしばこれを繰りかえすこと(『看護大辞典)』医学書院。2002」となっていますが、認知症の人の徘徊には意味や目的があり、見当識障害で自分の居場所や時間がわからなくなっている場合が多いです。

「徘徊」に理由や目的がある事は理解していましたが、これも世間では「理由もなく歩きまわっている」といった認識があるという事を実感しました。

認知症の理解

続いて、認知症の種類と特徴、中核症状とBPSD(行動心理症状)の説明がありました。

中核症状とは、記憶障害、見当識障害、実行機能障害、高次脳機能障害などで進行する治らない症状。

BPSDとは、物盗られ妄想、嫉妬妄想、幻覚、不眠、興奮などで、不快な生活や介護から出ることがある症状とされています。

すなわち、BPSDは私たちのケアで改善する事ができるのです。

BPSDに対応する薬物療法のガイドラインでも、対応の第一選択は非薬物的介入が原則であると謳っています。

詳しくは下記の通りとなっています。

医師に対して出されている指針、BPSDに対する薬物療法の進め方には、「BPSDの治療では抗精神病薬の使用は適用外使用になる。基本的には使用しないという姿勢が必要」さらにはBPSDに①身体的理由がない、②他の薬物の作用と関係がない、③環境要因により生じたものではない、④非薬物的介入による効果が期待できないか、もしくは非薬物的介入が適切ではない時に薬物を使用するとされている。

また、BPSDには薬は効かない。

認知症の薬.jpg


効いているように見えるが、実際は他の行動全体も抑制して、活気が全くなくなるという状態になる事も多い。

BPSDは、認知症患者の訴えとも考えられます。

BPSDが起こる原因や理由を考えて対処していくのが本当の治療やケアであり、困った人をどうするかではなく、なぜこんな言動が出るのだろうと考える事が大切である。

認知症患者が伝えようとしているのに私たちが理解できず、最終的に薬に頼るのは、恥ずかしい事であり、自分たちの認知症ケアの能力が低いという事を改めて気づかされました。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマーにおける危険因子について、様々な研究が行なわれているが、確実だといわれている事は加齢だけです。

80歳代では20%から40%ですが、90歳になると60%以上の人が認知症というデータがあります。

85歳以上では、ほぼ2人に1人は認知症という事になります。

もはや、病気ではなく老化現象とも考えられます。

また、2型糖尿病や高血圧の因子は生活習慣などだが、アルツハイマー型認知症の因子は加齢(長寿)であり、長寿を治すことはできない。

つまりアルツハイマー型認知症は治らない、治さなくてよいものであり、治ったとしたらそれは元々アルツハイマー型認知症ではないということになります。

医者のくせに無責任?

そこで、「現在の医学ではアルツハイマー型認知症を治す事は不可能である事と忘れても元気で楽しく生活する事を伝える必要がある」と講師は言われていましたが、他の医者には「医者のくせに諦めて無責任」だと言われるそうです。

それに対して、「治らない事に対して、治すと伝える方がよっぽど無責任」といった考えを持っている様です。

また、「認知症が治らないって、もっと早く知っていたらこんなに辛くなかったのに」と言われる人もいるおり、そのような人に対しても「期待させる事になる」と言われておりました。

認知症は、障がいとも捉えることができ、パラリンピックを例に挙げていました。

その例は、「足に障がいをもっている人に「しっかり歩け」と言わない。それと一緒で、認知症で覚えられない事に対して、毎日何かを必死に覚えさそうとする事は、本人にとって苦痛なのではないでしょうか」といった内容です。

覚えてもらう事に対して全てを否定するのではなく、その方法や本人に苦痛がある事を知っておく事が重要だと思いました。

抗認知症薬(アリセプトやメマリーなど)

抗認知症薬(アリセプトやメマリーなど)にも限界はあります。

抗認知症薬に効果はあっても病気の進行は抑制できず、飲まない場合と比較できない為、効いたという実感がない、または判定しづらいという事です。

また、ある病院で抗認知症薬を投与した結果ですが、プラセボ群でもクエチアピン服薬群とほぼ同様の改善が認められました。

この研究の為に多くの人が病院に訪れ、毎日のように認知症患者と関わりを持ったそうです。

その為、薬による改善ではなく、毎日の関わりが認知症状を改善させた可能性が大きいと考えられています。

ちなみに抗認知症薬や抗精神病薬の副作用に中に、「興奮」があるのですが、これは1年後や2年後など後から出てくる事もあるようで、過去に薬を止めてBPSDが改善された例をいくつか紹介されていました。

「原因に処方しなければいけないのに症状に対して薬を処方している医者がいる」といった話がありました。

また、さまざまな事例の中で、「緊急で運ばれた認知症患者をベッドに寝かせると、多動になった為、身体拘束をして薬で鎮圧した。

しかし、後日診断すると肺水腫で仰臥位が苦しかったようで、処置をすると仰臥位でも多動ではなくなった」といった話もあり、「本人を見る」という事が、いかに重要か再確認できました。

以上が講義内容です。

治る認知症

アルツハイマー型認知症について、「認知症が治った」「認知症が改善した」という事のほとんどが、BPSDの改善です。

それを認知症の知識をあまり持たない人が「認知症が治った」「認知症が改善した」と言っているにすぎません。

もちろん治る認知症もあります。

薬害による認知症(せん妄)やアルコール性認知症、正常圧水頭症、鬱病などである。

これらとアルツハイマー型認知症を一緒にしてはいけません。

まだまだ、認知症について世間が正しく理解できない事もあり、さまざまな情報が飛び交うこともありますが、まずは正しい知識を持つことが必要です。

認知症というと、それが一種の病名のように使われていますが、認知症は病名でなく特有の症状を示す状態を総称する言葉です。

一概に薬が駄目だとは思いませんが、その前にできる事は数多くあります。

認知症について悩んでいる人は、ぜひコメントください。

一緒に解決していきましょう。


最後になりますが、介護職のための副業を一つ紹介させていただきます。
下記は以前紹介した「完全無料の10万円プレゼント」です。
ポイントサイトで登録など全てが無料になっていますので、ぜひ確認してください。
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/87/0


スポンサードリンク

【当サイト人気公式広告】
こちらは厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
資格なし未経験OKの介護求人が多数掲載されています。
しかも働きながら、10万円以上する介護資格が無料で取得できる制度もあります。
最近、注目されているサイトです。
【かいご畑公式サイト】


こちらも厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
残業が少なく、有休休暇を取得しやすいホワイトな会社のみ掲載されているのでおススメです。
新聞にも紹介されており、今話題のサイトです。
【しろくま介護ナビ公式サイト】


Follow me!

認知症外部研修(講習会)「認知症は治らない」「治さなくてよい認知症」” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です