アルツハイマー型認知症の未来を知ろう!ケアに繋げる知識と考え方

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症を患っている人をケアするには、何が重要か?

それは、当然の事ながらアルツハイマー型認知症が、どのようなものか理解する事から始める必要があります。

1 まず進行性の病と理解しよう

アルツハイマー型認知症は時間とともに進行していく病気です。

この病気に効果が期待できる薬はいくつか存在しますが、今のところどれも進行するスピードを抑える効果だけです。

進行を止めたり、良くなったりすることは期待できません。

よって、アルツハイマー型認知症は、治療するというより、ケアをする、寄り添って手助けをするということに重きを置きましょう。

進行性の病ということは、症状が少しずつ変化したり、重くなったりするということです。

様々な症状がこの病によって引き起こされます。

進行によって徐々に変化する症状に、柔軟に対応することが大切です。

柔軟に対応するためには、「認知症の未来」を予測し、ある程度の全体像を把握していると、ケアや心に余裕が持てるようになります。

その結果、問題となってしまう症状にも予測を持って対応でき、ケアする側も、ケアを受ける側にもメリットがあるでしょう。

2 進行ステージを知ろう

アルツハイマー型認知症は、発症後(診断後)7年前後で死に至ると過去には言われていました。

しかし、現在は平均寿命が延びた事や医療の発展で、15年とも20年とも言われています。

病状は、この期間ゆっくりと進行していきます。

最後は寝たきりとなり、ほかの病気を併発して亡くなることがほとんどです。

まず、このつらい現実を受け入れることが非常に大切です。

受け入れないことは、その人に残された人生をつらいものにしかねません。

死をゴールととらえ、それまでの残された時間を安楽に安心して、そしてイキイキとたしたものにするためにとても大切なことです。

アルツハイマー型認知症を「軽度」「中度」「重度」「末期」大きく4つに分けると、以下のような分類になります。

軽度・・・よく言われる物忘れが主な症状です。最近の記憶(数分~数日前)をよく忘れるようになります。
同じ話を繰り返したり、火の不始末が多くなったり、忘れがちになった自分を嫌になったりしますまた、そのせいでご近所さんや友人との交流が嫌になり、寝込んでしまうこともあります。

中度・・・記憶の障害が進行し、ついさっき(30秒前)のことや、少し昔(数年~十数年)の記憶を忘れてしまいます。また、場所や時間がわからなくなることも多くなります。自分を年齢より若い(自分は50歳だ)言ったり、トイレの場所がわからない、細かな作業(料理や電話、買い物など)ができなくなったりします。この頃には、何らかの介護が必要になることが多くなります。この時期が一番長く、様々な症状がでるので介助者は手がかかる大変な時期です。

重度・・・病状はさらに進行し、生活全般になんらかの介護が必要となります。食事、入浴、トイレ、着替えなど生活するための基本動作が自分ではできなくなります。この頃には、失禁や歩行で転倒することが多くなります。転倒によるけがや骨折には注意が必要です。言葉が少なくなり、視力(認知力)も低下し周りがよく見えていないような反応になります。

末期・・・肺炎をよく起こすようになります。これは、飲み込むためのゴックンがうまく働かず、気道の方に食べ物が入ってしまうためです。このゴックンを嚥下反射と言いますが、末期になるとこの動きが弱くなり、消えてしまいます。食べ物を口にすることができなくなります。肺炎を繰り返し、ほかの疾患と合わせて重篤となります。

3 未来を知れば、ケアが見えてくる

アルツハイマー型認知症は進行性の病気です。

だからと言ってあきらめてはダメでしょう。

正しく未来を知ることで、病を患っている本人、そしてケアを行う人にとっての道標となるでしょう。

特に、ケア側の人が認知症の方の迷惑な行動に対して、イラ立つことを少なくする効果が期待できます。

どうしてなの?という思いが苛立たせます。

ある程度答えを知っていれば、気持ちも違うもの。

そして、ステージに合わせたケアを行うことができれば、その人にとって幸せな余生を過ごすことができるかもしれませんね。

アルツハイマー病.jpg

4 未来を見据えた一歩進んだケアをしましょう

未来を知ったうえでケアを構築していきます。

特に中度や重度、末期になった場合へのリスクを見据えて一歩先のケアを計画実施します。

軽度の時には、中度や重度になった場合を想定します。

例えば、物忘れやエスケープ、火の不始末、お金の管理など家庭生活では大問題になります。

生活の順序や手順をメモ帳に書き記したり、居場所がわからくなった場合の対処方法を取り決めたり、ガス台をIHにして使い方を習得したりと、あらかじめ中程度になった時に本人と介護者が混乱しにくい環境や習慣を身に着けることが大切です。

施設においては中程度の方が入所される場合が多いですが、考え方は同じです。

特に大切なことは、健康と安全の管理です。

重度から末期になると誤嚥と肺炎のリスクが高まります。

高齢者は自歯が欠損していることも多く、義歯を使用している場合があります。

歯科の受診や治療に応じる認知力がある時に、きちんと歯科で歯の治療と義歯の作成調整を行いましょう。

これをしっかりとすれば、誤嚥と肺炎のリスクを下げることができます。

内服薬も数が多くなると思われます。

向精神薬や併用する薬が増える時期ですので、体調の変化も起きやすくなります。

入所直後の方は家庭で必要とされ処方されたお薬が多数であることも多く、調整が必要です。

施設(クローズ)環境のメリットを活かせるので、必要ないものは、調整していただきましょう。

転倒やBPSD(周辺症状)によるケガのリスクを下げることができます。

重度の場合は、できることが少なくなってきます。

生活全般を介護していますので、手一杯になる時期です。

末期の状態に備えて行うことは、あきらめるポイントをいつ決めるかです。

歩行が困難になってきますが、ケア次第ではぎりぎりまで歩行できるでしょう。

しかし、転倒のリスクも次第に大きくなってきますので、バランスをみて車椅子の使用としなければなりません。

転倒骨折からの廃用性症候群やQOLの低下を予防するためです。

誤嚥にも注意します。

最後まで口から食べるケアは大原則ですが、嚥下食でムセたり、発熱や肺炎を何度も繰り返す場合には、医療職に相談をしましょう。

大まかなポイントですが、未来を見据えた一歩先のケアは、本人やご家族、そして介護する人たちにとっても非常に大切です。

精神的な驚きや不安も軽減されますし、本人のQOL・ADLの維持向上にもつながります。

医療職と連携をしながら、質の高いケアを実施していきましょう。ケアは本人のためなのです。

余談ではありますが、ケア次第ではアルツハイマー型認知症末期(反応や体動がほぼない)の方が、ギリギリまで常食(私たちが食べているものと同じ)を食べた事例があります。

毎食きれいに全量摂取されていました。

そのことは、病院関係者も非常に驚いていたそうです。

介護者の気づきと知識技術、正確なアセスメント、そして医療職とご家族のご理解ご協力がすべてそろった事例だと思っています。

医療の常識を覆すことが介護の現場で起こっています。

※BPSDとは、以前は問題行動と言われていた徘徊や異食などです。問題行動とは、介助者の視点である事から、現在はBPSDや周辺症状、行動心理症状などと言われるようになっています。

アルツハイマー型認知症について、下記の記事も参考になるので、ぜひご覧ください。

【認知症外部研修(講習会)「認知症は治らない」「治さなくてよい認知症」】
https://krkrkreichel.com/2016/10/11/%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e7%97%87%e5%a4%96%e9%83%a8%e7%a0%94%e4%bf%ae%e8%ac%9b%e7%bf%92%e4%bc%9a%e3%80%8c%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e7%97%87%e3%81%af%e6%b2%bb%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%8d%e3%80%8c%e6%b2%bb/

スポンサードリンク

【当サイト人気公式広告】

こちらは厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
資格なし未経験OKの介護求人が多数掲載されています。
しかも働きながら、10万円以上する介護資格が無料で取得できる制度もあります。
最近、注目されているサイトです。

【かいご畑公式サイト】


こちらも厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
残業が少なく、有休休暇を取得しやすいホワイトな会社のみ掲載されているのでおススメです。
新聞にも紹介されており、今話題のサイトです。

【しろくま介護ナビ公式サイト】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です