認知症の種類と特徴を理解し認知症ケアにつなげる。

スポンサードリンク

65歳以上の6人から7人に1人が認知症であるといわれています。現在は、65歳以上の15パーセントほどが認知症と言われていますが、今後この割合が20パーセント以上になると言われており、日本は認知症大国となってしまうのです。

現在、介護施設や在宅介護、病院など一部の人にしか関わる事のなかった認知症ですが、今後は職種に限らず日本国民として自然に認知症と向き合わなければいけないようになります。

そこで、今回は認知症の原因や特徴、ケアについて簡潔にまとめました。

brain-2546101_1280.jpg


【認知症の主原因】
脳内に異常なタンパク質が大量蓄積する。そのため、脳内が萎縮し、認知症が発症します。タンパク質の蓄積は、何と30年前から始まります。20歳代で蓄積スタートしていることもあります。

【軽度認知症の特徴】
日常生活は可能です。発症者の家族は、認知症と思わないことが多く「加齢だ」「物忘れだなぁ」と思い病院に受診しないケースが多いです。認知症と気付くのは発症し、2~3年後が多いです。

【中等度認知症の特徴】
脳が半分萎縮した状態であり、症状が一番酷い状態です。記憶障害、徘徊、暴力、暴言、不潔行為、幻覚、幻聴、せん妄の症状が現れます。この辺りで福祉サービスの利用を希望する家族が多くなります。

【重度認知症の特徴】
脳が殆ど、萎縮した状態であり、無気力状態で会話能力が喪失し寝たきり状態になります。日常生活は全て介助が必要になり、最終的には肺炎や感染症疾患にかかり死亡するケースが多いです。

【認知症の種類と経過】
脳血管型認知症は、脳梗塞等の後遺症が原因で発症します。発症後は糖尿病や高血圧症の合併症に注意が必要です。発作を繰り返すたびに症状が悪化します。片麻痺になり、引きこもってしまい寝たきりになるケースが多いです。
レビー小体型認知症は、パーキンソン病に似ており、初期でパーキンソン病と診断されることが多い認知症です。動物(猫や蛇)や人の幻視と被害妄想が特徴で記憶障害は少ないです。
※レビー小体型認知症とパーキンソン病の違い
レビー小体型認知症は、大脳皮質にレビー小体と言うタンパク質が蓄積して発症します。
パーキンソン病は、脳幹部にタンパク質が蓄積して発症します。
前頭側頭型認知症は、毎日、同じ行動や言動が見られるのが特徴です。同じ時間にトイレや散歩をしないと不穏になってしまい、暴力が見られることがあります。初期症状で人格変化(温厚な人が暴力をふるう)や社会性の消失(金銭管理困難、万引き等の犯罪)が多いです。

【認知症患者様とのコミュニケーション】
認知症患者様を「話し掛けても駄目だ。ボケている」「全て記憶を無くしてる」と思わないでください!きちんと記憶はあります!
・手続き記憶:患者様が保持している記憶で一番多い記憶です。車の運転や編み物等。
・社会習慣的行為による能力:昔、就いた職業による記憶です。大工仕事、教職等。
※重度認知症患者様と必ず、コミュニケーションを取ってください。「寝たきりだから…」「声を掛けても反応ないし話さないから…」という考えは大きな間違えです。この考えは、患者様への人権無視になります。患者様の尊厳を守るケアが必要です。そのためには、キッカケを作り患者様に刺激を与えることが重要です。手に触れて話し掛けましょう。

【間違えた認知症ケアを正しいケアにする方法】
徘徊させないは大きな間違えであり、又は徘徊させたままも大きな間違えである。
歩かせないで拘束して起こる身体症状は、足の筋力の低下が現れます。「認知症だから歩かせておく」「様子観察しているし、多分転ばない」とただ見ているだけのケアはしてはいけません。先入観を無くすケアをしましょう。

【先入観を無くすケアとは】
・徘徊している→何故、徘徊するのか?→何かを探しているようだ→答えは、家族に会いたくて家族を探していた→家族へ連絡し面会日の予定をたてる
・暴言を吐く→何故、暴言を吐くんだろうか?→暴言の内容は?→怒るキッカケは?→答えは、髭を剃る際に怒り出した。剃刀が髭に引っ掛かるため新しい剃刀に交換した
・トイレが頻回だ→何故、頻回か?→薬の影響か?→答えは、前立腺疾患だった。医者に相談した

【カウンセラーのコミュニケーション方法】
「気持ちはわかります」「大丈夫です」「頑張りましょう」は禁止用語です。認知症患者様や、そのご家族様は、既に頑張っているのです。「頑張って」と言う言葉が負担になります。又、「辛い」「苦しい」「悲しい」と言う気持ちは、患者様本人にしか解りません。安易に「気持ちはわかります」と言ってしまうと、薄っぺらなコミュニケーションになってしまいます。目線を合わせて、相槌をうちながら話を聞きましょう。このケアを「傾聴」と言い、否定したり会話を遮ってはいけません。意見を言ってもいけないケアです。現実認識を高める声掛けも大切です。「朝ご飯ですよ」と時間をわかるようにしたり、季節行事(お花見やクリスマスパーティー)を行い積極的に参加して頂くように声を掛けてみましょう。

【薬への理解】
薬に頼らない、非薬物療法は、コミュニケーションとレクリエーションです。薬に頼ることは良いですが認知症の薬は副作用が強いです。内服することで傾眠がちになり、日中にボンヤリして過ごしている患者様を私は見ていると辛い気持ちになります。患者様には、笑って徘徊するくらい元気でいて欲しいと思っています。

最後になりますが、副業を一つ紹介させていただきます。
下記は以前紹介した「完全無料の10万円プレゼント」です。
ポイントサイトで登録など全てが無料になっていますので、ぜひ確認してください。
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/87/0

スポンサードリンク





【管理人がおススメする資格、転職サイト】

介護職は、資格の取得と働く会社で収入が大きく変わります。

その中でも人手不足の事業所は、かなり良い待遇で転職ができます。

そのため、同じ会社で10年働くより、10年で数回転職する方が給料が高い場合が多いのです。

現状に満足していない方は参考にしてください。

→【介護職でも年収500万円以上もらえる施設を探す方法】

また、資格を取得する事により給料アップを狙える可能性も上がります。

この機会にどのような資格があるのかチェックしてみてください。

【ケア資格ナビ公式サイト】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です