8050問題の原因と対策!認知症高齢者の理解と対応!

スポンサードリンク

はじめに

これまで、在宅介護の問題点として、老々介護や認認介護をとりあげてきましたが、最近では新たな形態の問題も増えてきています。

それは、高齢者問題で支援困難な課題として8050問題があります。

皆さんご存知の通り高齢の親と引きこもりの子供のいる世帯です。
※今回は8050問題について簡潔に伝える為、引きこもりの子供という表現を使用させていただきます。様々な事情があるとは思いますが、この表現でご了承ください。

あまりテレビなどのメディアには紹介されていませんが、在宅介護の世界では注目されている問題です。

子供といっても50歳代の大人のため、支援機関を紹介しても今更感が強く、なかなか行動を変えることは難しいのが現実です。

しかも、もともと支援制度が少ない年齢のため、ますます支援が困難になっています。

このような世帯では知らない間に様々な問題が発生していることは、誰にでも容易に想像できると思います。

そこで、今回は8050問題の原因と解決策案をお伝えします。

family-2313195_1280.jpg

【どのような問題があるのか】

社会的に孤立しているケースが多く、問題が発覚した時には命に関わる問題など、待ったなしの状況になっていることが多いです。

命に関わる問題としては、子供が介護放棄(ネグレクト)をしていたり、暴力を振るっていたりすることがあります。

また、経済的に困窮して食べるものもままならない状況になっていたり、家賃や光熱費の支払いも滞って、生活の基盤が脅かされていることもあります。

【問題の原因はどこにあるのか】

問題が発覚する一番の理由は、80歳代の親が病気や高齢故の身体機能の低下などで家事ができなくなったり、介護が必要になったりしても、子供の生活力や介護力が乏しい。

もしくは、ほとんどないことです。

そうなるとたちまち生活が立ち行かなくなり問題が発覚します。

また、子供には精神疾患がある可能性が高く、しかも医療機関にも受診できていない状態であることも多いです。

長い期間引きこもっているため社会復帰も容易ではなく、仕事を見つけることも困難です。

経済的にも親に依存しているため、仮に親が亡くなってしまうと一気に生活ができなくなり、生活保護を受給する以外に道がなくなってしまいます。

他に、介護状態がストレスとなり、子供から親への暴力があったり、子供は収入がないにも関わらず消費の意欲が高い場合には、金銭搾取といった経済的虐待にもつながりやすい状態といえます。

いずれにしても、困ったことを誰にも相談できない状況に陥っていることが最大の問題と言えます。

早めに行政などの窓口に相談してくれれば、時間的な猶予があるので、支援の幅や選択肢が増えて問題の解決につながりやすいこともあります。

【解決策はあるのか】

解決策としては、親は介護保険サービスを導入して生活を安定させる。虐待で生命の危機があれば保護して分離します。

子供は何かしら障害があれば、障害福祉サービスを導入する。

こういったところが基本的な対応にはなります。

しかし、子供が障害の認定を受けていない場合、または全く健常者であった場合は、実は今の日本では支援機関がほとんどない状況であります。

そうなると、親の支援はできても、子供の支援は行うことができず、世帯の課題としては解決しない状態が続きます。

子供に障害がありそうであれば、医療機関への受診を勧めますが、拒否されることが多いです。

気長に受診勧奨を続ける以外に方法がないのが現状です。

いずれの支援にしてもある程度の時間的な猶予は必要になります。

しかし、残念ながら一朝一夕には問題は解決できないことの方が多いです。

社会的に孤立させないように地域ぐるみで見守りを行い、困っている世帯をいち早く発見することが求められています。

この地域ぐるみの見守りは、やり方によっては孤独死の減少にも繋がるというデータもあります。

【地域で見守るにはどうすればよいか】

地域で暮らす住民が当事者意識をもって地域のことを考える必要があります。

現在は行政などが地域包括ケアシステムなど推進していますが、まだまだ世の中に考えが浸透しているとは言えません。

地域包括システムとは、高齢者や障害者などが住み慣れた地域や自宅で暮らし続けられるよう、関係機関が連携して支援を行っていく制度です。

しかし、地域住民だけでこのようなシステム作りをすることは難しいでしょう。

地域住民だけでなく、福祉事業所に勤めている専門家の力も必要ではないかと思います。

地域で暮らす人、地域で働く人、皆で協力することが必要ではないかと思います。

地域での見守りを活発にして、早めに専門職へつなぐことで問題が大きくなることを防ぐことも可能です。

【これからの8050問題について】

8050問題を当事者の力不足や自己責任であると切り捨てる考え方もあると思います。

しかし、こういった問題を自己責任として放置することは、結局は自分たちの生活に悪影響を与えます。

放置された当事者は世の中から見捨てられたと感じるでしょう。

そうなれば、ますます努力せずに働くことをしないで生活保護を受給することでしょう。

生活保護の世帯が増えることは、決して世の中のプラスにはなりません。

また、極端な場合には自暴自棄になり犯罪に手を染める人も出てくるかもしれません。

そうなれば治安は悪化し、生き難い世の中になっていってしまうでしょう。

そうならないように、引きこもりの子供が自立するための支援は、社会のシステムとして必要であると思います。現状では残念ながらこれといって効果的な支援制度は少ない状況です。

高齢者ばかりではなく若者世代への支援も今後は考えなくてはならない時代がきています。

スポンサードリンク

【当サイト人気公式広告】
こちらは厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
資格なし未経験OKの介護求人が多数掲載されています。
しかも働きながら、10万円以上する介護資格が無料で取得できる制度もあります。
最近、注目されているサイトです。
【かいご畑公式サイト】


こちらも厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
残業が少なく、有休休暇を取得しやすいホワイトな会社のみ掲載されているのでおススメです。
新聞にも紹介されており、今話題のサイトです。
【しろくま介護ナビ公式サイト】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です