特養での認知症高齢者の現実!現場で働く介護職員が限界か?

スポンサードリンク

特別養護老人ホーム

私の働いている施設は指定介護老人福祉施設特別養護老人ホームです

サービスの内容は機能訓練指導員による利用者の心身などの状況に応じて日常生活を送るのに必要な機能の回復またはその機能の減退を防止するための訓練を行います

認知症患者の方の機能訓練も行うのですが歩行訓練中にかみついたり唾を飛ばしたりすることも日常茶飯事です

またリハビリに誘導するときも説明に対して快く応じてくれる時もあれば最初から易怒的になって行かない言い張るときもあります

利用者によっては自室に入室しただけで泥棒泥棒大声をあげる患者さんもいらっしゃいます

認知症は短期記憶を傷害している場合が多いように感じます

ほんの数十分前のことを忘れたり同じことを繰り返したりします

どんなに熱心に接していても数時間後にはあなたはどちら様聞いてきます

叩いてもかみついてもその出来事を覚えていません

最初はこの患者さんのADL日常生活動作低下を防ぐ為にも密にかかわって信頼関係を築き自立した生活を送ってもらうために奮闘していましたが毎日どんなに接しても気分によって態度がかわりますし私のことも覚えていたり忘れたりです

やめていった職員も沢山います

易怒的になる職員も沢山います

一生懸命やっていても数分後には泥棒といわれたり何度も同じことを繰り返したり叩いたりかみついたりするので注意しても全く聞き入れようとしません

正常な考えを基にケアをしていてはダメなのです

出来ないやらないではなく、そのような症状のですから

入浴及び排泄

入浴及び排泄に関しては寝たりの患者さんに対しても機械浴槽を使用して入浴することが出来ます

排泄に関しても各食事前後に必ずトイレに誘導し排泄を促しています

夜間帯も定期的に覚醒を促して行ける人は介助用トイレへ眠剤服用患者さんに対してはポータブルトイレにて排泄を行ってもらったりしています

ここでの経験においても入浴中に尿失禁・便失禁はよくある出来事です


入浴前に排泄につれていくのですがそれでも防ぐことは出来ません

また全裸になり浴槽にいるタイルや浴槽内では足元が滑りやすく不安定になっています

その患者さんも不安に感じ一生懸命つかんできます

爪白癬爪の水虫などの患者さんは爪が隆起しており爪切りでは切ることが困難な状況があります

そのため爪が鋭利になっている状況で素手をつかまれて職員は腕を引っ搔かれ腫れたり出血したりすることも多々あります

入浴後にオムツなどをはかせているとその時点で尿や便を失禁することもあります

高齢者は便秘になりやすい傾向があり適宜下剤にて排便をコントロールしています

その前日の夜に下剤を服用した場合は、ダラダラと便が続けることもあります

放置しておくと皮膚がかぶれたり陰部の清潔が保てなくなり感染症を起こしたりして熱発します

その日々のケアが感染や疾病を予防することにつながります

きちんと訴えることが出来る患者さんとは違うのでこちらの観察が患者さんの身体を守るうえでは大切になってきます

トイレにおいても入浴と同様です

ズボンをおろしている最中に失禁したりします

またトイレットペーパーをうまく使うことが出来ずに手に排泄物が付着したり昔の人なので資源を大事にしたいという気持ちからごく少量のトイレットペーパーを使用して排泄を行う人もいます

その結果ペーパーで吸収しきれなかった排泄物が付着することになります

多くトイレットペーパーを本人に渡すと使用後の紙をポケットに入れて持ち帰ろうとしたり自分の紙だと言って興奮する方もいます

排泄においてもちょっと油断すると便をつけられたりします

認知症の介護は本当に大変です

健康管理

老人は免疫力が低下しているケースが多く些細なことで病状が悪くなることも少なくありません

介護者がしっかりと感染防止に対する対策をとっておかないといけません

毎回ケアをした後しっかりと手洗いを行い利用者の安全を守る必要性があります

健康管理においては嘱託医の先生による往診があり必要時は病院に付き添い受診となることもあります

往診での診察時も利用者の方は自分の症状をうまく伝えることが出来ませんので介護者がどのような状況でどんな症状が出ているかを細かく医師に伝えなければなりません

日中だけではなく夜間の睡眠状況やせん妄の有無などもそうです

診の先生は毎週来てくれるわけではないのでその時点で伝えれることは簡潔明瞭にしておく必要があります

このように認知症介護とは介護者の観察が必要になることと決して意図的に利用者が理解を示さないのではない認知症という症状が正常な機能を害してることを念頭に置いて働く必要があります

その理解がないと接する側が易怒的になったり密に接しても思ったような返答が返ってこないなどの期待の喪失感につながります

介護の現場は本当に過酷です

 

このような世界なので本当に介護の現場から離れる職員が後を絶たないです。

そんな私もそろそろ限界と数年前からお金を稼いで介護を辞めようと無料副業を始めました。

 

介護職のための副業です。

興味のある方は参考にしてください。

 

ポイントサイトを利用して、無料で仮想通貨を手に入れる方法!



 

スポンサードリンク

【当サイト人気公式広告】

こちらは厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
資格なし未経験OKの介護求人が多数掲載されています。
しかも働きながら、10万円以上する介護資格が無料で取得できる制度もあります。
最近、注目されているサイトです。

【かいご畑公式サイト】


こちらも厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
残業が少なく、有休休暇を取得しやすいホワイトな会社のみ掲載されているのでおススメです。
新聞にも紹介されており、今話題のサイトです。

【しろくま介護ナビ公式サイト】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です