老人ホームにおける高齢者施設虐待の現状と対策!研修資料

スポンサードリンク

私は現在高齢者施設の職員兼役員として働いております。
現場での経験を踏まえて高齢者虐待の現状をお伝えします。

研修資料としても活用して頂ければと思います。

高齢者虐待。
最近では、よく耳にする言葉です。
虐待といえども殴る蹴るだけが虐待ではありません。
虐待には5つの種類があることはご存知でしょうか。

【5つの虐待】

○身体的虐待
この虐待は、「殴る・蹴る」、「嫌がっているのに、車椅子やベッドに拘束する」、「言動を制限する」身体的虐待にあたります。

○介護等放棄
普段、生活を送る上で必要な介護や支援をせず、心身に異常をきたすようなことを介護等放棄といいます。また、必要な医療道具を準備しないなどもこの介護等放棄にあたります。
例としては、「オムツを交換しない」「不衛生な状態で放置する」などです。

○心理的虐待
暴言・威圧・侮辱・脅迫・無視など、言葉の暴力もしくは威嚇的な態度をとり、高齢者の方の意欲を低下させるなどの行動を心理的虐待といいます。

○性的虐待
わいせつ行為をはじめ、性行為の強要や性的暴力。
「愛撫やキス、セックスなどの強要」「服を着せずに丸裸のままにさせる」などが性的虐待にあたります。

○経済的虐待
本人の合意のないまま金銭を使い込んだり、金銭、財産を取り上げてしまうことなどが上げられる。
「生活保護のお金を使い込む」「株券などの売却」があたります。


【実際の現場では】

実際の現場ではこれらの虐待が、行われていることが大変多いです。
その原因としは、スタッフの知識不足・経験不足が大きな要因になっております。
スタッフの話では「それが虐待にあたるとは知らなかった」との意見が大変多いです。

次に多いのは「介護へ対してのストレス」これは今では大きな問題となっております。

この虐待と言うのはなかなか表には出てこないのが現状です。
その理由として

・認知症の方に虐待しても、本人がそのことをうまく伝えられない。
・ご家族の方も看てもらっているので気づいても申告しない(自宅に帰ってこられると困る)
・一人では暮していけず、施設を出されると困る。

などの原因があります。

【実際の現場での虐待防止への対処】

現状はなかなか進んでいないことが大変多いと思われます。
本当に虐待がない施設などは本当に珍しいと私自身も思っております。
実際、介護をしていて腹が立つ時も多々あります。それが原因で虐待に至ってもおかしくはないと思っております。

では、どのように虐待をなくしていくか。
現場で働いた経験から言うと。

①スタッフの満足度を上げること
これは経済学での話しになります。「顧客満足度をあげるには、従業員満足度をあげる」
このことは大変有名です。
賃金にしろ、福利厚生にしろまずここを叩き台にしていく必要があります。
テレビでは色々給与が上がるなどと言われておりますが、実質基本給は13万~15万くらいです。手取りから言えば週一回の夜勤を入れてやっと20万に届くか届かないか。
その金額でこの仕事量は大変だと思います。そこでの不平不満をまず取り除くことが大事です。

②介護の仕事は底辺と言うイメージを無くす。
実際介護の仕事というのはどこでも人手不足で、誰でも入れるイメージがあります。実際誰でも入れたりもします。しかし、実は人手が足りないだけで専門性が問われる仕事です。
その「底辺・誰でも入れる」と言うことが、スタッフのストレスにつながっていることも事実です。
実際、簡単かと思い就職してみたが、大変な仕事だったなどの意見もあります。
これの解決方法は大変難しいですが、老人だけでなく、障がい者施設等も今よりももっとオープンな職場にする必要があると思います。介護という仕事への理解をもっとみなさんに知っていただく必要があります。

③仕方なく働く
若干上記と内容が同じになりますが、もうここでしか働けない。辛くて大変だけど・・・等現在の日本で就職が限られてくる中、介護しか採用されなかったなど。本当はしたくないけど仕方なく働いている方が多いことも上げられます。したくないことをしている上に、賃金が安く、大変な仕事。これはもう虐待につながってもおかしくないと思います。
そこでどのように対処していくか、もっと役員や施設長など施設での上層部の方がもっとスタッフに気を配らなくてはいけないと思います。
ある企業では、従業員のストレスチェックを取り入れるなど、もっとスタッフとコミュニケーションをとるべきである。
そしてもっとなんでも言える施設が必要である。

④仲が良すぎてしまう。
上記の三点とはことなりますが、「利用者様には~さんで呼んでください。」「しっかりと敬語を使ってください。」有料老人ホームなどの施設では利用者とスタッフの仲がよくなり、タメ口で会話をしたり、あだ名で利用者様のことを呼んだりしています。
これは表向きは「年上の方を尊重しなければならない」ということですが、裏には「虐待防止」があります。慣れてくるとタメ口や、あだ名で会話したりコミュニケーションをとっています。そこに落とし穴があるのです。
慣れた言葉はいずれ虐待につながってしまう可能性があることを忘れないでください。
利用者様との立場をしっかりと維持していくことが大切です。

【まとめ】
介護というのは本当に大変な仕事です。私も現に虐待をしたことがありますか?と聞かれれば「したことなんてない。」と素直にはいえないでしょう。多かれ少なかれ言葉が汚くなったり、急ぐために利用者様をせかしてしまったりなどあります。もちろん暴力はしたことがありませんが。
現在、介護をしている皆様は何をやりがいにその仕事をしていらっしゃるのでしょうか?
もう疲れた・・・
もうやめたい・・・
と思っている方は少し考えてみてください。何にやりがいを見いだすかが大事です。
初心を忘れないでください。
利用者様のために私たちがいるのです。それでお金をもらってるから!などとは言いません。他の仕事を侮辱するわけでもありませんが、利用者様のたった一言「ありがとう。」という言葉があなたにとっての一番の財産だとは思いませんか?
もし見失いそうになったら、自分の親を自分が働いている施設に入れたいと思うように考えてみてはいかがでしょうか?今あなたの働いている施設は自分自身の親を安心して預けられるでしょうか?

スポンサードリンク

【当サイト人気公式広告】
こちらは厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
資格なし未経験OKの介護求人が多数掲載されています。
しかも働きながら、10万円以上する介護資格が無料で取得できる制度もあります。
最近、注目されているサイトです。
【かいご畑公式サイト】


こちらも厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
残業が少なく、有休休暇を取得しやすいホワイトな会社のみ掲載されているのでおススメです。
新聞にも紹介されており、今話題のサイトです。
【しろくま介護ナビ公式サイト】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です