超高齢社会と認知症の種類!将来の日本を理解する必要がある。

スポンサードリンク

はじめに

現在の日本は高齢社会を更に一歩進み『超高齢社会』へと足を踏み入れてしまいました。
この超高齢社会を生み出している人口ピラミッド像は、人類史がこれまで経験したことが無い形状となっています。

私たち人間(ホモサピエンス)は過去の知識や経験を未来に継承する事によって将来に対する教訓としてきましたが、この先の時代は過去に前例がない為に自らの手で新時代に対する対策を考え、生み出していかなければならないのです。そういう意味では現代を生きる我々は新時代における目撃者といっても間違いないかもしれません。

日本の問題と認知症

さて、超高齢社会が誕生した我が国において問題となるのはどのようなことでしょうか?

昨今話題となっているものを列挙すれば以下の通りとなります。

『高齢者の犯罪増加』『ワーキングプア』『未婚率の増加』『離婚率の増加』『年金問題』など上げればきりがありません。

ただ、超高齢者社会が最も直面する問題は上記の問題ではなく『認知症』がその最たる例になると筆者は考えています。

なぜなら、『認知症』は年を重ね高齢になれば成る程に発症する危険性が増加するからだけでなく、日本社会に与える影響がとても大きいからです。

厚生労働省が2015年1月発表したデータによると2012援助時点で約462万人の方が認知症となっています。

これは65歳以上の高齢者の約7人に1人が認知症となっている計算になります。

更に時を進めて2025年を推計すると認知症患者は約700万人を突破すると出ています。

これを先に述べた65歳以上の高齢者に当てはめると約5人に1人ということになります。

約数年前には認知症の為にJRの路線に侵入し、電車に撥ねられて高齢者の男性が死亡するという痛ましい事件が発生しています。他にも全国各地で認知症による事件や事故が頻発しています。

私たちはその様な社会の中で認知症と向き合っていかなければならないと自覚しなければなりません。


認知症と聞くと読者の方々は何を思い浮かべるでしょうか?「怖い」「ボケ」「痴呆」「病気」などの言葉が頭に浮かぶかもしれません。

しかし、それは適切な答えではありません。

そもそも認知症とは病名ではなく物事を認識し、判断する力が何らかの理由で障害を受けて、社会生活に支障をきたす状態のことを指しています。

世の人は「認知症って怖い病気」と口をそろえて言うと思いますが、先ずは病名ではないことから知識と知ることから始めた方がよいでしょう。

認知症の種類

認知症の状態を引き起こす原因は様々ですが、主に代表となるのは以下の通りです。
1、アルツハイマー型認知症(主な原因:アミロイドβ
2、レビー小体型認知症(主な原因:レビー小体)
3、血管性認知症(主な原因:脳梗塞、脳卒中、高血圧)
4、前頭側頭型認知症(主な原因:前頭葉と側頭葉の委縮)

上記の中でもアルツハイマー型認知症は全体の6割を占めています。
次いで多いのが血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症と続いていきます。

ここからは各病気の特徴について簡単に解説していきます。

スポンサードリンク

1、アルツハイマー型認知症について

脳にアミロイドβというたんぱく質が蓄積することよって症状が現われます。
主な症状としては記憶障害、判断力の低下、見当識障害、失認・失行・失語といった物が現われます。
また、アルツハイマー型認知症の発症には発症リスクを増加させる要因として代表的な『生活習慣』だけでなく、『DNA』にも隠されていることが昨今の研究で分かってきました。DNAに含まれている遺伝子名はAPOE4と呼ばれ、この遺伝子を1つ持っているだけでアルツハイマー型認知症となるリスクが30パーセント増加し、2つ持っていると50パーセントから90パーセントも増加します。
この遺伝子を持つ日本人は全体の約9パーセントいるとの試算も出ているので、約10人に1人がアルツハイマー型認知症になるリスクを遺伝子レベルから所持している事になるのです。

2、レビー小体型認知症について

レビー小体型認知症には俗に3徴と呼ばれる症状があります。
①認知機能の変動
②幻視と幻聴
③パーキンソン症状
この認知症は脳の広い範囲にレビー小体というたんぱく質が蓄積することによって症状が現れます。認知症の発症割合は全体の約20パーセントで、女性が割合的に多く発症することでも知られています。

3、血管性認知症について

脳の血管が何らかの疾患によって梗塞や傷を負うと、その血管から栄養や酸素を受け取っていた脳細胞がダメージを受けます。それにより生じるのが血管性認知症です。ただ、この認知症は他の認知症とは異なり、疾患の改善によっては認知機能が回復する事でも知られています。

4、前頭側頭型認知症について

脳内にある前頭葉と側頭葉がタウたんぱく等影響によって委縮し、障害を負う事によって症状が現われてくる。この病気の最も特徴的な症状は以下の通りです。
①常同行動
②反社会的行動
③言語障害
④感情の麻痺
筆者が思うこの認知症の最も難しい症状が②の反社会的行動です。

脳の前頭葉は人間の「理性」に当たる部分を司る部位です。

ここが委縮するという事は抑制が利かなくなり、一言でいえば本能のままに行動するということに繋がります。

具体的な例を上げれば暴力、万引き、痴漢行為です。

家族や周囲の人々からすれば大変なことですが、認知症を発症した本人にとっては脳自体が委縮してしまっている為に罪悪感は生じません。

これだけでも家族や周囲の人々からすれば対処が非常に困難と言わざるを得ません。

まとめ

認知症は一度発症してしまうと現在の医療では完治させることが出来ない『不治』の病です。

医療現場等で使用されている薬はあくまでも進行遅らせるものに過ぎず、あくまでも対処療法に過ぎないという事実を私たちは理解しなければなりません。

今後、認知症患者は世界中で爆発的に増えていきます。

とある試算では2050年には世界中で1億6千万人以上が認知症になると出ています。

現在の日本人口を超える人々が認知症となった時、世界はどう変わってしまうのか想像できません。

変わりゆく未来に向けて私たち一人ひとりが認知症という物を考え、生活習慣を改め、学び、新しい技術を発見していくことが必要な時代が目の前に来ています。

本文を呼んで下さった読者の方には是非一度考えて下さい。

一人ひとりが当事者の意識を持って認知症を考えることが出来れば未来は少しでも寄り良い方向へ舵を切れると信じています。

スポンサードリンク



【管理人がおススメする資格、転職サイト】

介護職は、資格の取得と働く会社で収入が大きく変わります。

その中でも人手不足の事業所は、かなり良い待遇で転職ができます。

そのため、同じ会社で10年働くより、10年で数回転職する方が給料が高い場合が多いのです。

現状に満足していない方は参考にしてください。

→【介護職でも年収500万円以上もらえる施設を探す方法】

また、資格を取得する事により給料アップを狙える可能性も上がります。

この機会にどのような資格があるのかチェックしてみてください。

【ケア資格ナビ公式サイト】


Follow me!

超高齢社会と認知症の種類!将来の日本を理解する必要がある。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 長島孝樹 より:

    はじめまして。
    私は認知症解決に機能性植物の研究を長年している者です。
    2021年から始まる助成金の見直しは介護現場に大きな混乱が予想されています。
    現在、認知症対策として数種類の薬がありますが、全て症状を遅らせるものです。
    来年には改善・予防の機能性食品が登場します。この食品は機能性植物が主原料になっており副作用が無いものです。しっかりとしたエビデンスも有り来年の春までにはアメリカのメディアで発表になり、発表者は世界的に著名な方によります。
    もう暫くお待ち下さい。

    1. adminuser より:

      コメントありがとうございます。
      認知症明日は我が身。認知症の改善、予防となる食品は非常に興味があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です