在宅での老々介護の負担減少に抑肝散が効果的!不眠が解消されました。

スポンサードリンク

在宅介護で困っている人に少しでも役に立てばと思い、漢方薬の抑肝散で成功した事例をお伝えします。

はじめに

在宅で妻が、認知症の夫の介護をしています。

いわゆる老々介護です。

認知症の症状は、物忘れなど認知症の主な症状と不眠です。

妻に倒れられると、二人共倒れ状態になってしまい、老人ホームへ入所させるしか方法はなくなります。

そこで、息子は何か良い方法はないかと色々調べたり、人に聞いてみたり、方法を探っておりました。

息子夫婦は同じ県内に住んでいるので、月に何度かは様子を見に行って、色々とサポートはしています。

不眠と介助者の負担

夫は認知症が出る時と正気になっている時とありましたが、頻回に「眠れない、眠れない」と、妻を起こしに行く状態でした。

日中は「もう死にたい。死に方を教えてほしい。」と妻に駄々をこねていました。

たまに、息子が電話して、妻の状態を声で確認しながら、何か冗談を言って妻を笑わせたりしていました。

認知症の介護は先の長い戦いになるので、この状態がこれ以上続くと、今度は妻の方が精神的に参ってしまうこ状態でした。

デイサービスも利用して、妻が少しの時間でも、くつろげる様にしています。

夫は色々と既に薬を飲んでいる状態だったので、お医者さんに「何かをこれ以上に薬を増やしてほしい」と頼んでも無理な状態でした。

漢方薬の抑肝散

西洋薬ではなく、漢方薬であればと調べてみたところ、認知症には抑肝散が良いということが分かりました。

抑肝散は不眠にも効果があり、認知症でもよく知られた薬であることも自分なりに調べて見て分かりました。

問題は、その抑肝散が苦く、飲みにくいということです。

普通の成人なら、多少は苦くても薬なので飲んでくれるでしょうが、子供、認知症のある老人などに飲ませることは無理がありました。

ある人に良い方法を教えて頂きました。

その方法はチョコレートに溶かせて、抑肝散を混ぜる方法です。

チョコレートと混ぜることで、漢方薬の苦さを抑えることができると教えてくれました。

その方は実際にそうやって、効果があったそうです。

夫のかかりつけのお医者さんへ相談したところ、抑肝散は認知症でも使われている薬で、飲んでも良いと教えてくれました。

また、ツムラのものが顆粒なので、一番良さそうだということも分かりました。

それで、薬を処方してもらい飲ませたところ、少しは穏やかになって寝てくれる様になってきたと経過を観察中です。

抑肝散の効果と飲ませ方

もう少し、抑肝散について調べてみました。

この薬は、認知症用の薬というよりも、神経症、不眠症、小児夜泣き、疳の虫の治療に使われるということが分かりました。

その為、リラックスさせ、気を穏やかにさせることで、効果があったのだろうと思います。

また、飲ませ方も試行錯誤してみたところ、チョコレートを溶かす方法でなくても良く、何らかの甘さで薬の苦さを抑えてやることで飲みやすくなることも分かってきました。

つまり、ドロッとした様な甘い食べ物、例えば、はちみつなどでも良いです。

液状のハチミツでも良いのですが、顆粒の薬が粘性のあるはちみつの外側に残らない様に工夫する必要があります。

例として、少しお湯を混ぜて、薬を溶かしても良いのですが、ハチミツをお湯で薄めすぎると、今度は薬の苦さが出てくる可能性があります。

この様に考えると、やり方は色々と出てきます。

カプセルに薬を入れる方法もありますし、龍角散楽々服薬ゼリーに混ぜる方法もあります。

要点は、患者さんに如何に、薬の苦さを感じさせず、喉に詰まらせずに飲ませることができるかを考えれば良いと言うことに気づかされました。

認知症の特効薬

認知症の特効薬の種類は限られており、老人になると余計に夜は眠れなくなるものです。

介護する側にとっては、毎日の事だけに少しでも、緩和したいと思っています。

西洋薬でどうにもならないものが、どうして漢方薬で対処できるのかと思われるかもしれません。

しかし、西洋薬に比べて、漢方薬は副作用が小さいのは確かです。

薬剤師、医師ではありませんので、使用する際は、かかりつけ医師と十分相談することが必要です。

どうしようもないからと身体を拘束するよりは、患者さん、介護する側にとっては、試してみる価値のある方法の一つではないでしょうか。

患者さん個人個人によって、効き具合も異なってきますので、これまでの在宅介護経験から数週間ほど試してみれば、効果があるか否かは分かります。

医療が日進月歩で進歩しているのは良いことですが、それが本当に良いことなのか良く分からないという意見を耳にすることも多くなってきました。

人生100年世代に突入してきたので、これからもっと介護問題は深刻になるのではないでしょうか。

何か少しでも、介護側の負担が減ってくれれば良いと思い、独学ながら、調べたり、試行錯誤したりしています。

いつか、明日は我が身になる時のために。

スポンサードリンク



【管理人がおススメする資格、転職サイト】

介護職は、資格の取得と働く会社で収入が大きく変わります。

その中でも人手不足の事業所は、かなり良い待遇で転職ができます。

そのため、同じ会社で10年働くより、10年で数回転職する方が給料が高い場合が多いのです。

現状に満足していない方は参考にしてください。

→【介護職でも年収500万円以上もらえる施設を探す方法】

また、資格を取得する事により給料アップを狙える可能性も上がります。

この機会にどのような資格があるのかチェックしてみてください。

【ケア資格ナビ公式サイト】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です