介護施設における人間関係の問題と解決策!離職の原因

スポンサードリンク

■はじめに

介護職という仕事は離職率が高い職業だと言われています。

離職を決断するにはいろんな要因が考えられます。

賃金の問題・不規則労働の問題などが挙げられますが、中でも人間関係の問題という事が原因で離職する方は、かなり高い割合で存在します。

又、離職まではいかなくても現在も人間関係で悩んでいる方が多いのも事実です。

ここでは介護職の人間関係の問題の実態や原因、解決策を提示していきます。

■人間関係問題の実態

介護の仕事だけでなくても、どこの職業に就いたとしてもこの問題は付いてきます。

今の介護施設での人間関係性が悪かったので、別の施設に転職したとしても人間関係の問題が100%無くなったというのは本当に稀な事例だと言って良いでしょう。

それだけ人間関係の問題というのは、どこの現場でも頭を悩ませる問題だということです。

特に介護の場合は人不足の関係で無資格でも就職できたり、幅広い年齢層の方がこの世界で働くことが可能であるため、いろんな世代の方々が一つの職場に集うことになります。

世代が違えば当然考え方や価値観は変わってきます。

そうなると少しずつ仕事に対する亀裂が生じ、場合によっては修復不可能くらいなまでになってしまう恐れがあります。

介護は3Kと言われているくらい仕事内容について、悪いイメージが未だにつきまとっています。

それが原因で仕事を辞める人が多いと今でもたくさんの方々が考えているのですが、実は人間関係問題で辞めている事例もかなり多いということが挙げられます。

■人間関係問題が発生してしまう原因

先ほども少し触れましたが、いろんな世代が一度の場所に集い仕事をしているのが介護現場です。

そのため、仕事に対する姿勢等が人によって異なります。

特に世代によっても考え方が異なるため、自分の意思が100%通せるという現場はほとんど存在しません。

人間関係の問題が起こる原因は、自分の考えている基準が絶対だと思ってしまっているからです。

自分が今まで培ってきた仕事の姿勢、介護に対する考え方、利用者の接し方、これらの事項は人によって異なってきます。

異なるからこそ、色々と介護現場は進化発展が起こるという見方もできるのですが、たいていの場合自分と同じ考え、又は似たような考え方を持つ職員を集め派閥みたいなものを作ります。

その中で自分と違う派閥に入った人を影で攻撃すると言ったことが繰り広げられています。

当然、すべての介護現場においてこういうことが実践されているわけではありませんが、それだけ介護現場は人間関係の亀裂が生じやすい現場となっているのです。

自分の考え、感情がすべて正しいと無意識も含めて考えてしまっている限りは、人間関係の問題は根本から解決することは難しいです。

今までの解決策はその仕事現場を辞めて転職をするか、又は独立するなどといったケースが考えられますが、誰もができるような解決策ではありませんでした。

■解決策

まずは人間関係の問題で悩んでいるのであれば、原因を環境や相手におくことを一旦辞めて、自分の心に問いかけてみてください。

自分の基準と相手の基準を比較し、本当に相手の基準がすべて間違っているのか、自分の基準がすべて正しいのかなどを客観的に見て考えてみてください。

この世界において完璧な基準を持った人間など存在しません。

国の代表でさえ完璧な基準を備えている訳ではありません。もし完璧な基準を備えているのであれば、戦争や環境破壊などの国際問題が起こるはずもないからです。

誰一人として自分の持っている基準は不完全なものです。

それにもかかわらず、自分の抱えている基準が正しいと思っていることは矛盾してしまいます。

これらを理解した上で相手の言い分を聞き入れてみましょう。

少しずつで構いません。

相手の基準を聞き入れる際に重要なことは、自分の基準を一旦まっさらにして聞き入れる心が大切です。

なぜなら自分の基準を持っている状態で聞いてしまうと、そこに対しての良し悪しが出てきてしまい論争になってしまう可能性があるからです。

自分の心を0にして相手の基準を聞き入れていくことが、人間関係の問題を解決していくための第一歩となります。

その上で自分と同じ共通点を見つけたり、相手との関係性をポジティブに受け取るきっかけが生まれてくるのです。

■最後に

介護施設の関係性がうまくいかない場合、一番の被害者は利用者になります。

介護はチームプレイが非常に重要視される職場です。

チーム連携がされていないと統一したケアが行われないどころか、職場関係がギスギスしてしまいます。

私たちにとっては職場でも利用者にしてみれば生活空間であり、終の住処になる場合もあります。

そのような大切な場所の雰囲気がギスギスした雰囲気が、利用者に伝わってしまうのは利用者にとって大変申し訳なく思います。

介護職の皆様が少しでも人間関係の問題を克服され、他職種が連携できる素晴らしい介護現場にしていただけることを心から願っております。

スポンサードリンク



【管理人がおススメする資格、転職サイト】

介護職は、資格の取得と働く会社で収入が大きく変わります。

その中でも人手不足の事業所は、かなり良い待遇で転職ができます。

そのため、同じ会社で10年働くより、10年で数回転職する方が給料が高い場合が多いのです。

現状に満足していない方は参考にしてください。

→【介護職でも年収500万円以上もらえる施設を探す方法】

こちらは厚生労働省の許認可にもと運営しているサイトです。

ホワイトな会社のみ掲載されているのでおススメです。

【しろくま介護ナビ】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です