【人間関係改善計画】介護現場におけるスタッフ同士の関係性について!

スポンサードリンク

■はじめに

介護現場における問題は数多く存在します。

例えば認知症と診断された方の対応について、高齢者虐待における問題など、近年ニュースで取り上げられるような事件も勃発しています。

将来みなさんが使用するであろう介護の世界は、まだまだ多くの問題を抱えています。

介護の世界はチームプレイが基本です。

なぜなら、一人の力で一人の利用者の生活を支えていくには限界があるからです。

一人の生活を支えるために多くの人が支えているのが特徴です。

その関係で、より良いサービスを提供していくためには、人間関係が良好であることが重要です。

しかし、介護現場における人間関係の問題は、ほとんどの施設で抱えている最重要事項でもあります。

今回は介護現場における人間関係について記していきます。

■1.なぜ人間関係問題が起こるのか

介護の世界の特徴の一つに幅広い人事採用ということが挙げられます。

ご存知の通り、介護の業界は人手不足と言われております。

退職を決意される背景には休みが不定期だったり、体を酷使してしまう仕事内容だったりなどが挙げられます。

退職を決意されるたびに施設側は人事募集をかけていきますが、中には若い世代が集まりにくい場所もあります。

そのため、年齢の範囲は設けずに無資格でも入れるようにシステムを構築している事が多いです。

いろんな経験を積んで、いろんな考え方を持った、いろんな世代の人たちが一つの場所に集まってくるのが介護現場とも言えます。

それゆえ、人間関係の問題というのが起こりやすい状況になってきています。

■2.なぜ人間関係の問題が起こってしまうのか

一言で問題の規定を行うのであれば、価値観の違いと表現することができます。

中には介護施設を何件も渡り歩いているような人たちもいます。

その人たちから見ると、いろんな施設のやり方を見てきた分、今の現状に不満を持ってしまうケースはよく耳にする話です。

また、自分より経験数が少ない若い世代の人が上司になるようなケースもあり、そのことに反発してしまう人もいます。

その若い世代の責任者がうまいこと年上職員を扱ってくれれば良いのですが、失敗してしまうと仕事に支障が出てしまうほどの現場となってしまいます。

また、介護士同士だけでなく異業種との価値観の違いも次々と出てきます。

スポンサードリンク

■介護士と看護師の関係

よくある話が介護士と看護師との関係性です。

看護師の場合は疾患を治していくのが仕事目的です。

反対に介護はその人の生活を支えていくのがお仕事なので、同じ現場に働いていても抱えている目的は異なります。

私の例でお話しすると、私は当時施設で働いていて担当する利用者を数名抱えている状態でした。

その中の一人がオムツ対応をしてきたのですが、座位をしっかりと取れることがわかった時からオムツではなくトイレで排泄ができるのではないかと判断しました。

介護士仲間に相談した上でオムツを交換する時間にポータブルトイレを居室に設置し、そこに座ってもらいました。

その現場を看護師に見つかってしまい、ものすごく怒られてしまいました。

怒ってくる背景としては、急にトイレに座らせて床に落ちちゃったらどうするのかという意見でした。

確かに看護師のいうことも理解できないわけではありません。

トイレに長年離れている人が、ちょっとした重心のかけ方一つでトイレから床に落ちてしまう可能性やリスクは無いわけではありませんでした。

しかし、介護士は生活を支えていく目的を持った職業です。

今後も亡くなるまでトイレを使うことがなく、オムツで終えてしまうことに違和感を持っていたので、看護師と徹底的に話をすることにしました。

このように介護現場での関係性のトラブルは数多く存在します。

このトラブルを上手に対応していかければ、質の良いサービス提供に繋がっていくことは難しいでしょう。

■人間関係の問題を解決する方法

人間関係の問題を愛結するための一つの手段としては、自分の考えに執着しないことが挙げられます。

自分の考えは、今まで培ってきた経験や人から聞いた話が元になっている場合がほとんどです。

その上で自分の考えを成り立たせているわけですが、100パーセント自分の考えが正しいことは不可能です。

なぜなら絶対的に正しい人間の考え方があるのだとすれば、世の中は戦争もなく、もっと平和な地球になっているはずだからです。

人間の考え方は不完全だということを改めて考えていきましょう。

人間の考えが不完全であることがわかれば、自分が抱えている執着を手放すことが可能になります。

それでも自分の考えが絶対的に正しいと無意識レベルも含めて思っている方々が多くいらしゃるため、価値観の衝突が発生します。

そのため、無意識部分も全て含めて執着しないことを挙げさせていただきました。

■最後に

介護は生きていく上で、必ずほとんどの方が受けられるサービスになっています。

その業界が暗い話ばかりだと老後を迎えていくのが怖くて仕方ありません。

人間関係を解決することで、みなさんが受けたいと思った介護サービスがきちんと受けられるように、介護業界全体がさらに進化していただければ嬉しいです。

スポンサードリンク

【当サイト人気公式広告】

こちらは厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
資格なし未経験OKの介護求人が多数掲載されています。
しかも働きながら、10万円以上する介護資格が無料で取得できる制度もあります。
最近、注目されているサイトです。

【かいご畑公式サイト】


こちらも厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
残業が少なく、有休休暇を取得しやすいホワイトな会社のみ掲載されているのでおススメです。
新聞にも紹介されており、今話題のサイトです。

【しろくま介護ナビ公式サイト】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です