介護施設の選び方!実績の無い新しい施設はスタッフ不足のリスクが高い理由!

スポンサードリンク

【新築介護施設は要注意】

介護施設を決定する時の条件に、明るい雰囲気、快適な部屋、親切なスタッフを希望する人は多いと思います。

実績は浅くても建物が新築で施設内の設備も充実している介護施設と、実績はあるけど建物が古くて決して明るい雰囲気とは言えない感じで、設備も最新という感じではない介護施設があった時、あなたはどちらを選択しますか。

毎日生活する場所だから、設備が整って快適な空間というのは外せませんよね。

でも、一番大切なことは、施設内の充実した設備や新築であることではなく実績なのです。

ベテランスタッフが揃っていることや、責任者のしっかりした対応があることが一番大事です。

実績のない施設を選んだ場合、どのようなことが起こりうるのか、実話を元にお伝えします。

【入居してから分かる致命的なスタッフ不足】

ようやく施設への引越しも終わり、親の様子も落ち着いたとなれば、家族も普段の生活を送り始めます。

仕事を持っている人は、安心して仕事に打ち込むことができるはずです。

毎日訪ねることができなくても、施設に預けているのだから、安心して次の休みまでは行かなくても良いと思うはずです。

ところが、週末などに施設を訪ねてみると、ちょっとした異変に気付いたりします。

例えば、フロアにスタッフが1人もいないという状況です。

個室に囲まれるようにある共用の食堂にスタッフは誰もいないのに、入居者さんだけがそれぞれ車椅子などに座ってぼんやりしている状態があれば、もしかしたら深刻なスタッフ不足かもしれません。

スタッフを呼ぶコールがしょっちゅう鳴りっぱなしであることも、あまりよろしくない状態であることは確かです。

また、よく見かけていたスタッフが、最近は見ないということも、職場の条件の悪さが懸念されますよね。

スタッフ不足ということがわかると、たちまち家族は安心して施設に親を預けておくことができなくなります。

休みの時に様子を見に行けば良いと思っていたのが、仕事帰りに寄って顔を見ないと落ち着かないといった状況に陥ります。

【スタッフ不足がさらに悪い事故を引き起こす】

実績がないということは、事故に対する経験や知識も浅い可能性があります。

見守りが手抜きとなった時に、どのような事故が起きうるのかをスタッフが理解していない場合があり、非常に危険です。

認知症で1人でも歩くことができる入居者さんがいるとします。

歩ける状態であることは、スタッフからすると比較的手のかからない入居者さんという印象があるはずです。

トイレに行くことや、食堂への移動、洗面所で歯を磨くことも1人でできるとなると、スタッフの見守りも少なくなります。

しかし、そのことが非常に大きな事故を引き起こします。

1人で歩けるので、いつの間にかエレベーターに乗って外出してしまうということが考えられるのです。

スタッフは不足した状態で、そのような入居者さんがいると、いなくなったことにすら気づかないことがあります。

結果、警察沙汰になるという事態が起きてしまいます。

【認知症の一人歩きには怪我がつきもの】

足元がはっきりしない状態で、外を一人歩きすると転倒の心配があります。

歩道と車道との段差や、ちょっとした坂道などで転倒すると交通事故に遭う危険性もあります。

骨折、入院となると認知症はますます進むことになります。

病室でじっとしていることで、今まで大人しかったのに急に気性が激しくなってしまうことも考えられるのです。

そんなことが起きた時に、経験不足の施設であると対処法が定まっていません。

転倒は家族の元にいてもしても起きうることなので、実は医療費すら支払ってくれない施設もあります。

こんなことにならないように入居する時には、スタッフのミスによる事故に対しては医療費が支払われるのか、施設使用料はどうなるのかを確認しておく必要があります。

実績のある施設であれば、その辺はしっかりと説明があるはずです。

【施設に預けている限り親は人質のようなもの】

言い方は悪いですが、事故があった時にこちらの主張をごり押しするのはよくないかもしれません。

退院したから、再びその施設でお世話になるわけですから、仕返しや虐待が気になります。

かといって、問題が起きるたびに施設を転々とすることは不可能ですよね。

つまり、施設選びの時にしっかりと問題が起きた時の対処の仕方や、スタッフの人数など内部の状況を調べておく必要があります。

一見してはなかなかわからないので、ネットで口コミがないかを調べるのも方法です。

HPやfacebookなどで、施設内の行事を外部向けに公開している施設もあります。

【実績があればいろんな事故やトラブルに対応できる】

施設側の経験値の問題で、これまでいろんな事故やトラブルに対応してきたのであれば、どんなことが起きても任せられます。

改善策をすぐに提示してくれるかどうかも、施設の技量によります。

新しさに惹かれて施設を選ぶよりも、実績のある施設を選ぶことをオススメします。

スポンサードリンク



【管理人がおススメする資格、転職サイト】

介護職は、資格の取得と働く会社で収入が大きく変わります。

その中でも人手不足の事業所は、かなり良い待遇で転職ができます。

そのため、同じ会社で10年働くより、10年で数回転職する方が給料が高い場合が多いのです。

現状に満足していない方は参考にしてください。

→【介護職でも年収500万円以上もらえる施設を探す方法】

また、資格を取得する事により給料アップを狙える可能性も上がります。

この機会にどのような資格があるのかチェックしてみてください。

【ケア資格ナビ公式サイト】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です