日曜日にできる副業!試験監督のバイトはデイサービス職員にも人気

スポンサードリンク

介護の給料は安い?

私は普段は障害者施設のデイサービスで勤務をしています。

お給料はハッキリ言って安いです。

週休2日で働いていますが、同年代の女性と比べると平均に達していません。

10年以上働いていますが、手取りで20万円以下です。

一緒に働いている介護職の中には、他のところで泊まり込みのヘルパーのバイトをしていたり、仕事終わりに普通の飲食店でバイトをしている人もいます。

バイトをしてでもデイサービスで介護を続けるのは、安定を求めているからです。

また、ずっと介護しかしてきていないので、他の仕事を正社員でする自信がありません。

2019年10月から介護経験10年以上の職員に月額8万円支給される制度が開始されます。

しかし、私の事業所では該当者に8万円を支給するのではなく、全介護職員に一律1万円の支給となりました。

処遇改善金や今回の新たな制度はいつ無くなるかわかりませんし、事業所のさじ加減で支給が無くなる事も考えられます。

河合塾のアルバイト

そこで私は、月に1から2回ほど河合塾が行っている試験監督のアルバイトを数年前から行っています。

単発や1日のみというのもOKなのでとてもやりやすいです。

このアルバイトを知ったきっかけは、新聞広告でした。

その新聞広告で高校生のセンター模試のアルバイトの募集をしていました。

たしか、時給は900円くらいで交通費は500円でした。

こちらのサイトも単発のバイトが多数掲載されているのおススメです。

【ギガバイト公式サイト】



デイサービスは日曜日が休み

日曜日はデイサービスは休みなので「アルバイトに入れる」と思ったのがきっかけです。

特養はシフト制で決まった曜日に休めませんが、デイーサービスは決まった曜日に休みがあるので、アルバイトを選びやすいです。

普通アルバイトをしようと思ったら履歴書を書いたり、面接をしなくてはいけません。

しかし、この試験監督のアルバイトは電話だけでよかったのです。

面接も履歴書もいりませんでした。

試験監督の仕事内容

アルバイトの内容は、当日まで分かりませんでした。

アルバイトをする1週間くらい前に冊子が届きます。

そこには、試験監督員、監督補助員、誘導係、会場係員、本部要員などがありました。

全てに目を通して当日を迎えます。

当日はその冊子を持って仕事をすることができます。

集合してから自分がどの担当なのか知らされます。

そして席に座り、職員さんから説明を受けます。

私は今まで試験監督員、監督補助員、会場係員、本部要員はしたことがあります。

誘導係はしたことがありません。

全部体力勝負に近いです。

スポンサードリンク

監督員

監督員はその名の通りで試験の監督をします。

試験が始まるまでに、試験問題と解答用紙の数を確認します。

そして試験が始まる合図や終了の合図などのアナウンスをします。

試験のたびに試験の開始時間、終了時間の板書をします。

試験中の見回りをしたり、解答用紙を本部へ持って行ったり、試験のときだけが仕事ではありません。

会場セッティングをしたり、元に戻したりもしなくてはいけません。

監督補助員

監督補助員は、監督員の補助をします。

試験が始まるまでに試験問題と解答用紙の数をチェックします。

監督員もチェックをするのでダブルチェックという形になっています。

試験問題の配布や解答用紙の回収などしなくてはいけません。

他には、受験票の回収も試験が始まったら行います。

エアコンなどの空調も調整します。

トイレなどに行きたいと手を挙げた試験者の対応もします。

試験中は見回りをします。

監督員と一緒に会場セッティングや元に戻す事もします。

会場係員

会場係員は、試験が時間通りに行われているのか、時間通りに終わるのかを確認します。

いろんな試験会場があるので試験中は常にクルクル見回りをします。

会場の開閉をします。

試験の遅刻者の対応をします。

遅刻をしても決められた時間内であれば入室をすることができます。

しかしそれ以降であれば入室をすることができません。

時間になれば入室禁止の張り紙を貼らなければなりません。

トイレへ行きたいと言った試験者の後ろを付いて行き、本当にトイレに行くのかどうかというのを確認します。

誘導員

誘導員は試験会場の場所の案内をします。

試験が始まれば本部に戻って本部のお手伝いをします。

試験が終わると試験者に解答用紙を渡します。

夏場は暑いので短い時間で交代をしていきます。

見ていると若い男性がしているような気がします。

本部要員

本部要員は本部のお手伝いをします。

受験票忘れの人への対応をします。

受験票を忘れてくる人が案外多いということに驚きます。

試験問題、解答用紙の数を確認して各部屋ごとに置いて行きます。

解答用紙の数の確認、受験票の確認もします。

本部要員を除きほとんどの時間は立っています。

試験中に座ることはできません。

そのため体力が必要です。

さいごに

全ての業務が終わると全体ミーティングが始まります。

アルバイトの様子などの話をします。

試験は一生を揺るがすかもしれないという話をいつもされます。

受験番号の書き忘れなど今後は絶対見落としがないようになどという注意を受けます。

そして冊子を回収します。

そのため手元に冊子が残ることはありません。

初めてのアルバイトの場合は、終了後に封筒を渡されます。

封筒の中には、銀行振り込みの用紙やマイナンバーなどを提出するように書かれています。

そして今後のアルバイトの情報などもあります。

1か月後の20日にお金が振り込まれます。

このアルバイトは学生さんに人気ですが、私のような副業として行っている人もたくさんいました。

定年を迎えた人も多かったです。

スポンサードリンク



【管理人がおススメする資格、転職サイト】

介護職は、資格の取得と働く会社で収入が大きく変わります。

その中でも人手不足の事業所は、かなり良い待遇で転職ができます。

そのため、同じ会社で10年働くより、10年で数回転職する方が給料が高い場合が多いのです。

現状に満足していない方は参考にしてください。

→【介護職でも年収500万円以上もらえる施設を探す方法】

こちらは厚生労働省の許認可にもと運営しているサイトです。

ホワイトな会社のみ掲載されているのでおススメです。

【しろくま介護ナビ】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です