医学的視点から考える!治らない認知症の介護の現状とケアについて

スポンサードリンク

今の日本は高齢化社会に突入しており、地方によっては住民の大半が高齢者となっています。

そんな中、リスクとして挙げられるのが認知症です。

認知症の発症の割合として2025年には65歳以上の方の5人に1人が認知症になるとも言われています。

認知症に対してどのような対応が望ましいのか、医学的な観点も踏まえて紹介させていただきます。

認知症の種類について

認知症とひとくくりにされていることも多いですが、認知症にも様々な種類があることはご存知でしょうか。

有名どころはアルツハイマー型認知症ですね。

これは主に脳の中に異常なたんぱく質が原因不明に増殖し、脳細胞の死滅や委縮が生じて記憶力が低下するものです。

他にもレビー小体型認知症といって幻覚などが見えるタイプや、前頭側頭型認知症といわれる人格崩壊が生じ得る型も存在します。

脳血管型認知症というものもあり、これは例外的に治る可能性が見込まれます。

脳血管の損傷で障害された脳の部位のみに症状が生じ得る変わったタイプの認知症であるため、脳血管障害が軽快すれば治ることがあるものです。

医学的視点

認知症の症状について

主となる記憶障害などに加え、認知症には周辺症状(BPSD)というものがあります。

周辺症状には様々な種類があり、抑うつ、幻覚、徘徊といったものもあれば、汚染行為といった大便を壁に塗りたくるなどの行為もあります。

周辺症状の背景には、その人の感じている不安があるとされています。

その方の不安を軽減させられる関わりが大切になってきます。

認知症の対応について(サービス的視点)

老老介護といわれる現状、自身だけの力じゃ無理があります。

家族の力も借りづらいとも思われるので、サービスの利用を検討するのが無難です。

要介護認定を受けると、その度合いに応じた介護保険の利用限度額が決まります。

相談員さんとその限度額内で利用できるサービスは最大限活用していきましょう。

場合によっては施設入所も選択肢にでできますが、施設によっては空き待ちでしばらく入れないことや、無意味な身体拘束や虐待などをしている施設もありますので、しっかりとリサーチをしていきましょう。

そんな介護業界にも様々な問題があります。

賃金が安く、施設によってはブラックな場所も少なくありません。

よって離職率も高く慢性的な人手不足がどこの施設でも生じています。

潰れてしまう施設も少なからず出てきてしまい、受け入れ先が見つからない要介護の高齢者は未だに在宅で介護を受けているのが現状です。

在宅でサービスを利用していても、家族は疲弊していきます。

家族内での虐待などは精神的な余裕を失って、なってしまうのではないでしょうか。

また老人保健施設といわれる場所では数か月そこで治療的な関わりを受けた後、特別養護老人ホームや在宅復帰を目的としています。

それは建前上でそこから家族が受け入れない、老人ホームが開かないということで、老人保健施設も特別養護老人ホームと同じような扱いを受けている場所もあります。

スポンサードリンク

認知症の対応について(医学的視点)

結論から言えば認知症の主な記憶障害は治るものではありません。

継続的な会話や外出などの刺激から進行を遅らせることができる程度です。

となると対応やケアが無意味ではないかと思われる方もいるかもしれませんが、そうとは言い切れません。

認知症の病変部は先述にもある通り脳です。

脳は脳でも大脳といわれるところで、小脳は比較的保たれています。

小脳には手続き記憶といったいわゆる体で覚えた記憶が残っています。

私たちが車や自転車の運転で困らないのは、この手続き記憶で記憶しているからです。

認知症の方はこの小脳での手続き記憶が保たれているとされていますが、このような体験があります。

認知症の方で日中は大声を出したり、介護拒否をしたりと疎通が非常に困難なケースでした。

そこでその方の好きな編み物を提供して、日中それをする時間を増やすことでなんと不穏な行動が減少しました。

人は自分らしくいられる時間が減るとそれだけ不安になります。

認知症が進行するとなおさらです。

そんな方の安心につながる関わりになったのではと思われます。

治らないのではなく、今をどう生きればその人らしく過ごせるかという視点が認知症の対応では大切になってきます。

その他にもユマニチュードという考え方を元に接すると認知症の方の不安は軽減すると言われています。

ユマニチュードは難しいことではありません。

認知症の方と同じ高さの目線になり、わかりやすい言葉で体に触れながら接すること。

それだけで心のケアにもなるとされています。

現状の打開策

現代の医学では、認知症の完璧な治療法は先述の通り存在しません。

そこで今注目されているのが介護予防です。

高齢者になると行く場所も減り、刺激の減少から認知症の発症という流れも珍しくありません。

そんな高齢者の方が集い、語り合い、身体的な運動も取り入れた予防教室に通うことで、認知症そのものを予防する効果が期待されています。

いかがだったでしょうか。

高齢化社会の日本では切っても切り離せない関係の認知症。

医学の今後の発展とサービスがどのように変わっていくのか、業界で働く方は常にアンテナを張っておくことがいいでしょう。

スポンサードリンク

【当サイト人気公式広告】
こちらは厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
資格なし未経験OKの介護求人が多数掲載されています。
しかも働きながら、10万円以上する介護資格が無料で取得できる制度もあります。
最近、注目されているサイトです。
【かいご畑公式サイト】


こちらも厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
残業が少なく、有休休暇を取得しやすいホワイトな会社のみ掲載されているのでおススメです。
新聞にも紹介されており、今話題のサイトです。
【しろくま介護ナビ公式サイト】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です