高齢者の「最期まで口から食べたい」の願いを叶える5つのケア

スポンサードリンク

最期まで口から食べたい!を叶えるために

人を良くすると書いて「食べる」という字になります。

食べることは体に栄養を送り込むだけでありません。

心にも栄養を与えてくれます。

また生活の楽しみや人とのコミュニケーションとも大きく関わっています。

高齢になると「最期まで口から食べたい」と願う人は多いです。

目の前にあるものを食べ物だと認識し、それをつかんで口まで持って行き、咀嚼して(噛んで)飲み込み、食道から胃へと送り込むという一連の流れは意外と複雑で、このうちどれか1つでもできなくなると、口から食べるということが困難になります。

脳血管障害やパーキンソン病、認知症や筋疾患などがあると、嚥下障害(食べ物を飲み込むことが難しい)が起こることがあります。

最期までを叶える為の5つのケア

「最期まで食べたい」を叶えるために、あるベテランの介護職は次の5つのことに気をつけてケアをしています。

①全身状態の確認
②摂食機能低下の把握
③食事時の姿勢
④口腔ケア
⑤食事形態の調整

【全身状態の確認】

排便と食事は密接に関係しあっています。

便秘をしている時は、栄養士さんとも相談して便秘を改善できる食事内容に変えてもらうなどが必要になることもあります。

時には便秘薬も必要になるでしょう。

きちんと服薬できているか確認しましょう。

【摂食機能低下を早くキャッチする】

むせこむようになった、噛む時間が長くなった、これらは誤嚥性肺炎の危険サインです。

これらを見落とさないようにしましょう。

訪問歯科で口腔ケアに力を入れている歯科医は「あれ?おかしいな」と、まず身近なヘルパーさんや介護職のスタッフが気づいてほしい。

そして専門職に速やかにつないでほしい。

と言います。

そして「速やかに専門職に繋いでくれれば、誤嚥性肺炎や低栄養に至ることを防げる可能性は高いです。嚥下障害が進んでほとんど飲み込めなくなってからでは、医療スタッフがリハビリを行っても、残念ながら改善できる人は少ない・・・」と嘆いています。」

【食事の時の姿勢】

猫背も背もたれにもたれるのもいずれもNGです。

どちらも誤嚥のリスクがあります。

背筋を伸ばしてあごを引き気味にしましょう。

傾く方にクッションや枕などを入れて真っすぐの姿勢を保てるようにすることが大切です。

食事中にむせたり、喉に何か引っかかっている感じがある時は「アーーー」と声を出させましょう。

そして、食後はすぐに寝ないという事も重要です。食後1時間くらい経ってから横になりましょう。

食後すぐに寝ると、口の中の残渣や唾液を誤嚥しやすくなります。

【口腔ケア】

近年、口腔ケアの重要性が盛んに言われるようになってきました。

それは、「誤嚥性肺炎が口腔ケアで予防できる」という事が分かってきたからです。

よく噛むと脳の血流が良くなります。

そして脳神経細胞の働きが活発化し、認知症の予防や疾患の予防にも繋がるという事も分かってきました。

口腔ケアの際には、口の中がしっかりと食べることができる状態になっているかどうかをチェックする必要があります。

・舌苔がべったりと付いていないか
・食物残渣がないか
・入れ歯は合っているか
・口内炎などはないか

等をチェックしましょう。

入れ歯の調整は、歯科医が入れ歯の裏側に調整剤を塗って口の中で噛みしめて貰うと、3分ほどでプラスチック状になって、口に合う形にすることができることも多いです。

「高齢になったら入れ歯は合わなくなっても仕方がない」などと思わずに、歯科医に相談しましょう。

【食事形態の調整】

危険サインが見られる時は、ミキサー食やトロミ食や刻み食への変更を検討します。

また自力で食べてもらうのか、一部介助するのか全面的に介助するのかも、考える必要があります。

【誤嚥性肺炎に対する誤解】

少しむせただけで、危険だからと米粒1つでさえも食べさせないという施設もあるようです。

しかし、誤嚥性肺炎の原因は圧倒的に寝ている間の唾液の誤嚥です。

胃ろうの患者さんが増えたにもかかわらず、誤嚥性肺炎が減っていないことからも、明らかでしょう。

しかし未だに、誤嚥性肺炎の原因は食事が原因だと思っている医師や医療スタッフが少なくないという現状は、非常に残念なことです。

口から食べなくなると、嚥下状態はますます悪化していきます。

老人専門と言った感じの医療機関で、むせるようになったからという理由で口からは一切食べさせてもらえなかった人が、退院後は適切な口腔ケアで1か月後にはパンやフルーツを食べるまでに回復したという例もあります。

<口腔ケアのポイント>

高齢になると、多かれ少なかれ歯や歯肉にトラブルが生じたり、嚥下機能の低下や唾液の量が減少するなどで口腔環境に問題を生じます。

口腔ケアを適切に行わないと、噛む力が低下して最後まで口から食べると行くことが困難になります。

食べる能力が落ちると、栄養状態が悪くなるだけではなく精神面にも影響を及ぼして家に閉じこもりがちになったり、運動機能にも影響を及ぼします。

口腔ケアは
①必要性を説明して、理解を得られるようにする
②口腔ケアが気持ち良いものだという事を感じてもらえるようにする

この2点が重要なポイントです。

また短時間で手際よく済ませるようにしましょう。

唾液量が少なくなると舌がひび割れて痛くなったり、口内炎もできやすくなります。

これらもチェックしましょう。

<唾液量を増やすためにできること>

・口呼吸はNG

口で呼吸すると唾液が渇いて、ますますドライマウスになってしまうので、口呼吸をしている人は、正しい呼吸の仕方を指導しましょう。

・よく噛む

可能であれば、シュガーレスガムを噛むという方法が歯科医でもよく指導されています。

・「あいうべ体操」や「パタカラ体操」を食べる前に行う

「あ」「い」「う」と大きく口を開けて言い、その後「ベー」と舌を出します。

また、「パパパパ」「タタタタ」「カカカカ」「ララララ」と唇や舌を動かすのもよく行われている方法です。

・酢の物やレモン風味の物から食べる

酢の物や酸っぱい味のもの(レモン味うや梅干し味など)から食べると唾液が出やすくなります。

・水をこまめに飲む、リラックスした生活

ストレスが多いと交感神経が活発になって、唾液の分泌量も減ります。

逆にリラックスした状態は副交感神経が活発になって、サラサラした唾液が出やすくなります。

リラックスした生活は、口腔環境を整える意味でも重要です。

高齢者の「最期まで口から食べたい」という願いを叶えるために、家族や介護スタッフができることはたくさんあります。

口腔ケアの重要性をしっかりと認識し、誤嚥性肺炎に対する古い考え方や誤解を改めることが重要です。

スポンサードリンク

【当サイト人気公式広告】

こちらは厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
資格なし未経験OKの介護求人が多数掲載されています。
しかも働きながら、10万円以上する介護資格が無料で取得できる制度もあります。
最近、注目されているサイトです。

【かいご畑公式サイト】


こちらも厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
残業が少なく、有休休暇を取得しやすいホワイトな会社のみ掲載されているのでおススメです。
新聞にも紹介されており、今話題のサイトです。

【しろくま介護ナビ公式サイト】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です