介護者が気づきにくい身体拘束「スピーチロック」とは?

スポンサードリンク

身体拘束について

突然ですが、あなたは「身体拘束」と聞いて何を思い浮かべますか。

おそらく、多くの人が、ベッドに縄で縛られ身動きが取れず、助けを呼んでも誰も助けに来てくれない…そんな状況を想像されるのではないでしょうか。

しかし近年、介護に携わる者が行う身体拘束については、厳格に規制がかかるようになってきました。

具体的には、身体拘束をやむを得ない場合に関しては、「切迫性」「非代替性」「一時性」の三つの要件を満たさなければならないこと。

また、それらの要件を満たしたとしても、確認等の手続きが慎重に実施されなければならないとされています。

そのため、現在では先述したような身体拘束に関しては、「やってはいけない身体拘束である」という認識が浸透しつつあります。

ところが近年、それとは全く異なった形で身体拘束が行われてしまっています。

それが、「スピーチロック」です。

そこで今回は、介護者が気づかずに行ってしまっている身体拘束「スピーチロック」について解説していきます。

スピーチロック身体拘束

ピーチロックとは

では、ここからは「スピーチロック」について詳しく解説していきます。

スピーチロックとは、言葉による身体拘束を指します。

例えば、次のような場面が考えられます。

①ある認知症高齢者が、椅子を立とうとした際に、「○○さん、椅子に座ってて」と声掛けをする。
②ベッドから起き上がろうとする認知症高齢者に対して、「まだ、寝てて」と声掛けをする。
③脚を骨折している認知症高齢者が動こうとしたら、「危ない!」と声掛けをする。

上記のような声掛けが、まさにスピーチロックです。

おそらく、この記事をご覧になっている介護者の方も同じような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

そして、この「スピーチロック」には、次の3つの問題点があります。

第一に、介護者本人は、認知症高齢者に対して善意で行ってしまっている。

第二に、第三者がこの状況を見た際に、「身体拘束」だと気づきにくい。

第三に、言われている本人も身体拘束を受けていると自覚を持ちにくい。

これら3点です。下記では、これらの内容をもう少し、掘り下げて解説しています。

スピーチロック

善意で行っている

冒頭でもお話しした通り、一般的に身体拘束は物理的に制限されることを想像されることが多いはずです。

そのため、介護者自身も利用者の身体を縄やロープで固定するのは、決して気持ちの良いものではありません。

ところが、利用者のことを思っての声掛けだとしたらどうでしょうか。先ほど、例に挙げた脚を骨折してしまっている利用者を例に考えてみましょう。

脚を骨折していたとしても、本人は認知症の症状が進んでおり、自分が骨折していると自覚していない場合が考えられます。

そのため、介護者が「危ないから、動かないで!」と声掛けをするのは、利用者の骨折がさらに悪化しないためには必要な声掛けだとも考えられます。

しかし、そのような声掛けでは、利用者の行動は全て制限されるようになってしまいます。

つまり、介護者本人としては、善意で利用者に声掛けをしているのに対して、利用者の行動を制限してしまっている現状が生まれてしまうのです。

身体拘束だと気づきにくい

そして、スピーチロックの特徴として、「第三者が、身体拘束だと気づきにくい」ということも挙げられます。

なぜなら、スピーチロックは言葉による身体拘束を指しているため、証拠が残りにくいからです。

また、言われている利用者の認知度によっても、介護者から言われた言葉を第三者に伝えることも難しい現状にもあります。

結果として、介護の現場では、スピーチロックが行われていたとしても介護者もその家族も気づきにくい現状があります。

スピーチロック対応

身体拘束の自覚

さらに、スピーチロックは、「言われている本人も身体拘束を受けていると自覚を持ちにくい」という特徴もあります。

それは、認知症の症状の進み度合いに関係なくです。

先述したように、認知症がある程度進んでいる利用者であれば、そもそも自分が何をされているのか分からない場合も想定されます。

しかし、認知機能が低下していなくても、当の本人はスピーチロックをされていると自覚することも難しいです。

なぜなら「介護者が善意で声掛けをしてくれている」と、利用者本人が考えていることもあるからです。

対応方法

スピーチロックをしなくても済む方法として考えられるのが、「利用者が事故に陥りにくい環境を整える」ということです。

例えば、利用者が徘徊するような場面においては、たとえ利用者が一人で歩いたとしても大丈夫なように、通路にモノを置かない。

もしくは、杖を持って歩いていただく、といった工夫が考えられます。

また、たとえ利用者が一人で行動しても、常に介護職員の視界に入れるように工夫をするなど対策の仕方は無数にあります。

大事なのは、介護者本人が「スピーチロックをしてしまっているのではないか?」と振り返ること。

また、利用者が事故に陥りにくい環境を整えていくことです。

スポンサードリンク

【当サイト人気公式広告】

こちらは厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
資格なし未経験OKの介護求人が多数掲載されています。
しかも働きながら、10万円以上する介護資格が無料で取得できる制度もあります。
最近、注目されているサイトです。

【かいご畑公式サイト】


こちらも厚生労働省の認可のもと運営しているサイトです。
残業が少なく、有休休暇を取得しやすいホワイトな会社のみ掲載されているのでおススメです。
新聞にも紹介されており、今話題のサイトです。

【しろくま介護ナビ公式サイト】


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です